NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

【MSJ2013】イベントレポート vol.2 カートリレー対決や240Z登場!ほか

2013.10.18 Fri

10/13(日)・10/14(祝)にお台場にて開催された
モータースポーツジャパン(MSJ)の様子を3回にわたって
レポートいたします。
2回目となる今回は、日産チームが優勝したカートリレーや、
モンテカルロラリーに参戦した240Zのデモ走行などをご紹介。

MSJ2013の両日、3人1組でカートリレーを行い、
初日が柳田選手、ロニー選手、松田選手、2日目が本山選手、
関口選手、安田選手のチームで参戦。
どちらも見事優勝するという結果になりました。
ヨーロッパカート選手権125ccクラスの元チャンピオンの
ロニー選手のリーダーシップにより、
序盤にから逃げ切り作戦をとることに。

右上の写真は、「俺についてこい!」と言わんばかりの、
気合十分な出走前の1枚。
左上の写真は、メンバー交代の順や、交代時の
エンジン始動のタイミング等、細かな打ち合わせ中の様子です。

上の写真は、2日目のカートリレー出走前です。
ロニー選手は自ら監督として名乗りを上げ、チームに帯同。
初日の経験から事細かに他のドライバーに指示を出したり、
関口選手がスピンした際には頭を抱えて嘆き、
レース本番さながらの熱いハートを前面に出していました。

その他に、日産ブースでは、現役ドライバーによるサイン会も行いました。
MSJに参加している日産系ドライバー全員から
サインがもらえるということで、早朝から並ぶお客さまも多く、
整理券が早くになくなる大盛況ぶりでした。

午前中に行われたサイン会の後には、
ドライバー全員が整列し、お客さまにオープニングのご挨拶。
いきなり佐々木選手にドライバー代表の挨拶が振られるなど、
朝からレースのときとは違った和やかな雰囲気で始まりました。

こちらは、14日(月・祝)にFIA会長のジャン・トッド氏が
MSJに来訪した際のサプライズ演出として、ジャン・トッド氏が
モンテカルロラリーに参戦していたときの車両240Zに、
レーシングドライバーの井原慶子選手運転のもと、デモ走行を行いました。
240Zは、現在も日産で動態保存しており、
当時を懐かしむ声が多数上がっていました。


↑日産ブース裏のドライバー控室前での1コマ。
ランニングやゴルフで焼けない腕と足の甲を焼いているそうです。

2日間、本当に天気が良くて良かったですよね!
次回もお楽しみに。

⇒vol1の記事はこちら

< 前の記事へ | 次の記事へ >