NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

モーターショーが日本各地にやってくる!1月は福岡へ

2014.01.21 Tue

2014年1月24日(金)~27日(月)、マリンメッセ福岡(福岡県)にて
『福岡モーターショー2014』が開催されます。

そこで今回は、展示が予定されている「NISSAN GT-R」をご紹介。
マイナーチェンジを遂げ、2013年12月2日に全国一斉発売となった
「NISSAN GT-R」。“さらなる上質な速さの追求”を目標に
開発されたクルマの魅力に迫ります!


まず気づくのがその見た目の変化。
特徴的な丸型のテールランプは、点を連ねる従来のデザインではなく、
丸いラインでリングを描いて後続車へ示します。また、ヘッドライトは
4つのLEDランプで構成されており、照射範囲を拡大。
右の写真の稲妻の光をイメージしたLEDポジションランプは、
スピード感が増すデザインですよね。

上の写真手前のレッドは、“ゴールドフレークレッドパール”と言う
新色です。レッドに24Kコートされたガラスフレークが混ざっており、
ボディラインをきれいに見せてくれる特徴が。実際に見てみると、
周りの明るさや光の反射具合で、24Kコートされた
ガラスフレークによって、少し違った色味の印象を与えます。

扉を開けると、「GT-R Premium edition」で新しく採用された、
アイボリーの内装色が目を惹きます。よりプレミアム感や
上質感が増すインテリアにしてみてはいかがでしょうか?

そして、運転席に座って見ると、メーター文字盤が
カーボン調の新しいデザインに。運転するのがワクワクしますよね。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリア/インテリアの
目に見えるところだけでなく、もちろんテクノロジーも進化しています。

荒れた路面のコーナーでもタイヤのグリップをきかせるために、
4輪の接地荷重変動を減らして、より均等になるように
サスペンション周りの部品の見直しや最適化を行いました。
また、“さらなる上質な速さの追及”のためにボディ全体を
均一に変形させることを目指し、更に、ニュルブルクリンク
24時間レースの経験から、車体のアンダーフロア周りの剛性を
向上させるだけでなく、部品と部品の結合部を
1/100mm単位まで測って合わせこむ事で結合剛性の高いボディを実現。

このボディの進化は、音や乗り心地にも効果を発揮しており、
車体に荷重が入った時の振動やノイズが車内へ伝達するのを抑制します。
また、人が不快に感じる音をよりなくすため、制振/吸遮音材も
配置されています。これらにより、走り始めた瞬間から、高速巡航時まで
全域で劇的に進化した洗練された乗り味を実現。

中身も見た目も進化した「NISSAN GT-R」を
『福岡モーターショー2014』でご覧頂けますので、
ぜひマリンメッセ福岡の日産ブースまでお越しください。
皆さまのご来場、お待ちしています!

【福岡モーターショー2014】
開催期間:2014年1月24日(金)~27日(月)
開催場所:マリンメッセ福岡(福岡県)

展示予定車両
・NISSAN Blade Glider
・日産デイズルークス
・新型エクストレイル
・e-NV200(参考出品車)
・New Mobility Concept(参考出品車)
・新型エルグランド
・新型セレナ
・新型ノート
・NISSAN GT-R(2014年モデル)
・新型スカイライン

⇒福岡モーターショー2014の詳細はこちら
⇒「NISSAN GT-R」の詳細はこちら
⇒東京モーターショーでの『GT-Rパフォーマンストークライブ』のレポートはこちら

< 前の記事へ | 次の記事へ >