NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』を徹底レポート! 第1弾 モータースポーツ活動発表会

2014.02.25 Tue

2014年2月23日(日)、日産グローバル本社ギャラリーにて
『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』が開催されました。


DTM(ドイツツーリングカー選手権)と規格を統一する
べくレギュレーションが変更になり、新たに生まれ変わるSUPER GT。
GT500クラス、GT300クラス共に選手が大きく入れ替わり、
日産系チームも新しく生まれ変わりました。

またSUPER GTだけでなく、発表会ではブランパン耐久シリーズや
全日本F3選手権、スーパー耐久シリーズ(GT3)の体制紹介も行い、
日産のモータースポーツチームの監督/ドライバーが
一堂に会するまたとない機会となりました。

こちらは、SUPER GT GT500クラス(左)と
GT300クラス(右)のNEWマシン!
今回のイベントが初お披露目となったマシンのアンヴェールの瞬間、
眩しいほどのフラッシュがたくさんたかれ、
「おぉ!」という歓声があがりました。

GT500クラスを走る#23 MOTUL AUTECH GT-Rのカラーリングは、
マットグレーのベースカラーにNISMOレッドをかぶせた、
力強く精悍なスタイルに生まれ変わりました。
このマットグレーは、当日、ステージ横に展示されていた
「GT-R NISMO」と一貫性を持たせた色使いとなっています。


上の写真はGT500クラスの監督によるトークショー。
新しいチーム体制となり、それぞれ新しいチームメンバーを迎えての
2014年シーズンに対する意気込みを語ってくれました。
最後の質問、「勝つのはうちのチームだ!という人?」
というMCの問いかけに対して、監督全員が挙手。
オフシーズンの間に行われたテストの結果を受けて、
各チーム手応えを感じているようで、
SUPER GT 2014の開幕戦が楽しみですよね。


こちらはGT500クラスのドライバーによるトークショーの様子。
新しく組むチームメンバーのお互いの印象や
2014年シーズンへの抱負などを語ってくれました。
終始、笑いの絶えないトークショーで、
#46 S Road MOLA GT-Rの本山選手も、
「チーム体制が変わったとはいえ、同じ日産系チームでよく知っていますから、違和感はありません。」
とコメントしていたように、日産系チームの仲の良さが伝わってきました。


そして最後はGT300クラス、ブランパン耐久レース、
スーパー耐久レースに参戦する監督/ドライバーによるトークショー。
バーチャルレーシングの世界から現実のレーシングドライバーとなった、
GTアカデミー初代卒業生ルーカス・オルドネス選手は、
今回GT300クラスに初めてフル参戦する事となり、
同じチームの星野一樹選手とは英語でコミュニケーション。
トークショーでルーカス選手の日本語訳を任された星野選手は、
「一樹は最高!と言っています!」と和訳に何度も強調して付け加え、
会場の笑いを誘っていました。
一方、ルーカス選手は、自分のコメントと会場の反応の違いから、
星野選手に対して、「本当に訳してる?」といった笑顔を向け、
その様子からも笑いが起きていました。その後は星野選手が
余すところなくルーカス選手のコメントをファンの皆さまに伝え、
同じチーム同士支え合いながら頑張っている様子が
伝わってくるトークショーとなりました。

そしてイベントの最後には、
GT500クラスの監督/ドライバーによるサイン会が行われました。
ファンの皆さまからの応援の言葉を受け、
監督/ドライバーもより一層2014年シーズンに向けて
気合いが入った様子でした。

当日はたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
より詳しい監督/ドライバートークショーの様子は、
ブログ内で随時アップして参りますので、今後もお楽しみに!

2014年、新たなSUPER GTが幕開けとなります。
4月5日~6日に行われる岡山国際サーキットでの開幕戦で勝利をおさめ、
2014年シーズンの良いスタートをきれるよう全力で戦いますので、
応援よろしくお願いいたします!

モータースポーツ活動計画発表のダイジェスト映像はこちら

< 前の記事へ | 次の記事へ >