NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』を徹底レポート! 第2弾 GT500クラス監督トークショー

2014.03.04 Tue

2014年2月23日(日)に日産グローバル本社ギャラリーで行われた
『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』。
今回はシリーズ第2弾ということで、当日開催した
GT500クラスの監督トークショーの様子をご紹介します!

どのチームもドライバーが入れ替わり、新しいメンバーについてや、
新しいマシンでテストを行ってきたことについて、
その心境をたくさん語ってくれました。


鈴木監督は、「松田は速さも強さもあるが、
初のミシュランタイヤという事で少し心配でした。
でも、練習で慣れてきたからもう大丈夫。心配はないですね!」と語り、
新しく#23 MOTUL AUTECHに乗る松田選手へ期待を寄せるコメントを。


星野監督も自身のチームである#12 カルソニック IMPUL GT-Rに
新しく乗る安田選手に関して、「全く心配していないね。」とコメントし、
ドライバーへの信頼感が伺えました。


GT300クラスからGT500クラスへステップアップした
佐々木選手を迎えた事について近藤監督は、
「マイケルにいろいろ教えてもらい、それをしっかり学んで
レースに活かす。すごい良いコンビですよ。」と
ドライバー同士がコミュニケーションをとっている様子を語ると、
星野監督が佐々木選手の印象を、
「ハンドル握ると変わるよね、良い意味でね、すごい力を秘めている。」
とコメント。それを聞いた近藤監督は、
「来年(佐々木選手が)青いブルゾン着てるなんて
ことないですよね?(笑)」と星野監督に確認する場面も。
会場からは笑いが巻き起こっていました。
#24 D’station ADVAN GT-Rに乗る
佐々木選手の活躍に期待が膨らみますね。


ドライバー2名ともチャンピオンを経験している
#46 S Road MOLA GT-Rの大駅監督は、「2勝はします!」と
具体的な数字を出して、2014シーズンに対する意気込みを語りました。

どのチームも勝ちにこだわって勝負していくという熱い気持ち、
そして、監督とドライバーの間に信頼感が
築かれていることが伝わってくるトークショーでした。


そして、2014シーズンを約1か月後に控えた柿元総監督は、
「レギュレーションが変わったり、マシンが変わったりする時は、
日産が勝ってきました。そのジンクスを今回も守り抜くべく、
チーム一丸となって優勝目指して頑張ります!
皆さま応援よろしくお願いいたします。」と力強く意気込みを伝え、
ご来場いただいた、お客さまから激励の拍手をいただきました。

監督の2014シーズンに対する思いは伝わりましたでしょうか?
4月から始まるシーズンがとても楽しみになるトークショーでしたよね。

日産系チーム全員で優勝目指して頑張りますので、
皆さま応援よろしくお願いいたします!

⇒『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』を
徹底レポート!
第1弾モータースポーツ活動発表会はこちら

⇒『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』の
ダイジェスト映像はこちら

⇒『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』
オープニングで流れた映像はこちら

< 前の記事へ | 次の記事へ >