NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』を徹底レポート! 第4弾 監督トークショーで話題になった色紙とは!?

2014.03.12 Wed

2014年2月23日(日)、日産グローバル本社ギャラリーにて開催された
『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』。

今回は、監督トークショーの中で話題に上がった
“色紙のエピソード”についてご紹介いたします。

トークショーの際、2014年シーズンへの意気込みについて
質問された星野監督は、「もうね、勝つ!その一言に限るね。
ちゃんと色紙にもサインと一緒に書いたから。」とコメント。
それに対し近藤監督も「僕もね、色紙に優勝!って書きましたよ。」と
すかさず返したのに対して、大駅監督は話をふられると
「サインだけしか書いてないですね。(汗)でも2勝はしたい!」と
話していました。

さて、ここで話題になっていた色紙が上の写真。
左から、星野監督、近藤監督、大駅監督。
『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』に出演した
監督/ドライバーにそれぞれサインと意気込みを書いてもらいました。
そこで今回は、SUPER GTに参戦するチーム全員の思いが
詰まった色紙をご紹介したいと思います。


こちらは、#23 MOTUL AUTECH GT-Rの
鈴木監督(中)、松田選手(左)、ロニー選手(右)。
チャンピオン奪還への期待が感じられます。
トークショーで鈴木監督が話していた松田選手の速さを
存分に見せて欲しいですね!
ロニー選手は、スマートフォンで「WIN」の日本語を調べ、
それを見ながら「かつ(勝つ)」と書いていました。


こちらは、#12 カルソニック IMPUL GT-Rの
星野監督(中)、安田選手(左)、オリベイラ選手(右)。
「最後まで戦う」と書いてくれたオリベイラ選手。
ドライバートークショーで、安田選手がオリベイラ選手の
良さとして挙げていた速さとアグレッシブなところを
最後まで見せて戦ってくれることに期待ですね。


こちらは、#24 D’station ADVAN GT-Rの
近藤監督(中)、クルム選手(左)、佐々木選手(右)。
『東京オートサロン2014』にて開催された監督トークショーで、
鈴鹿サーキットはクルマの性能やトータルバランス、
ドライバーの力が試されるコースであると語っていましたが、
その攻略が難しい鈴鹿サーキットでの勝利を狙うクルム選手と
佐々木選手からは今シーズンへの意気込みが感じられます。


左の写真は、#46 S Road MOLA GT-Rの
大駅監督(中)、本山選手(左)、柳田選手(右)。
トークショーで“唯一のチャンピオン経験コンビ”として
レースに対する意気込みを語っていた様子を思い出すと、
柳田選手の「CHAMPION!!」の一言にも期待が高まります。
じつは最初、右の写真のように1枚の色紙に3名全員が
サインしてしまったというちょっとしたハプニングもありました。
この色紙も豪華ですよね。


こちらは、#3 B-MAX NDDP GT-Rの
長谷見監督(中)、星野選手(左)、ルーカス選手(右)。
トークショーで「ファンの皆さまとともに勝ちます」と話していた通り、
タイトルをGETして表彰台にのぼる姿を見せて欲しいですね。


最後に、こちらが柿元総監督の色紙。
漢字一文字ではありますが、勝利という光、
勝利するためにひらめきをきかせ工夫を凝らす、など
様々な意味がこもっているような奥深い文字ですよね。

今回は監督/ドライバーの色紙を紹介させて頂きましたが、
なんと、こちらを日産グローバル本社ギャラリーで開催する
SUPER GTのパブリックビューイングに
お越し頂いたお客さまにプレゼントする予定です!
詳細は決まり次第、日産グローバル本社ギャラリーの
ホームページにアップされますので、お見逃しなく。

⇒日産グローバル本社ギャラリーホームページはこちら

⇒『2014年シーズン モータースポーツ活動計画発表会』の
ダイジェスト映像
)

⇒NISSAN GT-R NISMO GT500開発映像
)

< 前の記事へ | 次の記事へ >