NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GT会場を見学 ~第2弾 サーキットに降りてみよう!~

2014.05.13 Tue

前回はNISSAN/NISMOブースを中心にイベント広場の様子を
ご紹介しましたが、第2弾となる今回はレーシングカーが走る
サーキットのコースからレポートしたいと思います。

サーキットでは、お客さまに監督やドライバー、そしてレースを
身近に感じて頂きたいという思いから、パドック・ピット・グリッドなどに
ご入場頂けるチケットを各種ご用意しております。

パドックとは、ピットの後ろ側のエリアの事で、
各チームのトレーラーなどが止まっており、そこから監督や
ドライバーが出てきてピットへ入るため、
監督/ドライバーに出会えるチャンスがあります。

ピットウォークでは、上の写真のようなピットレーンに
入ることができます。レース中、マシンが実際にピット作業を
行うエリアに入れるというのも、とても貴重な体験ですよね。
監督やドライバーがレース中に座っている席をみることができたり、
各チームのピットの前でドライバーのサインをもらったり、
一緒に写真を撮ったりすることができます。
もちろんレースクイーンも登場しますので、
多くのお客さまに人気のコンテンツとなっています。

そして最後はグリッドウォーク。
決勝レース開始直前、参戦車両がそれぞれの予選順位の通りに
グリッドにつき、スタートの時を待ちます。
この時に、サーキットコースに入って、グリッドに止まっている
レース直前のクルマを間近で見ることができる、
ファンにはたまらないプログラムがグリッドウォークです。

他のスポーツは試合直前の選手に会う事はなかなかないですが、
モータースポーツは、レース直前まで監督やドライバーと
交流できるので、他のスポーツと比べてもとても珍しいですよね。

グリッドウォークに参加すると、
マシンの細かな変化にも気づくことができます。

例えば、前回のブログでクイズを出した鯉のぼりステッカー!

毎年こどもの日が近くなるとマシンに鯉のぼりのステッカーが出現します。
今年もちゃんと貼ってあったのですが、どこに貼ってあったか
お気づきでしたか?

正解は・・・・・・

こちら!フロントバンパーの左右に
それぞれ赤と黒の鯉のぼりがいたんです!
こういった細かい違いを見つける楽しみも、
グリッドウォークならではかもしれません。

また直線距離が長い富士スピードウェイの特性に合わせ、
マシンの見た目が少し変わっていたのですが、お気づきでしたか?

もう一度フロントバンパーをご覧ください。
左の写真はカナードが装着された岡山戦のもの。
そして右の写真は富士戦のものですが、
岡山戦の時と形状が異なっているのがわかりますか?

こちらはロードラッグ仕様のエアロパーツとなっており、
直線が長い富士スピードウェイの特性を活かし、
風の抵抗を極力下げ、直線スピードを上げる効果をもたらします。
富士のテストの際、#12 カルソニックIMPUL GT-Rが300km/hを
超える最高速をストレートでたたき出しましたが、
このロードラッグ仕様も大きく影響していたと言えます。

このような変化に気付けるのもグリッドウォークの魅力ですね。

レース会場に行くと、目の前でレースをみることができるだけでなく、
監督やドライバーと交流するチャンスやスタート直前のマシンを
みることができるなど、本当にたくさんのプログラムがございますので、
ご来場の際はぜひこちらへの参加もご検討下さい!

< 前の記事へ