NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GT会場を見学~第3弾 NISSAN/NISMOブースで行われるイベントとは!?~

2014.05.16 Fri

SUPER GT会場のNISSAN/NISMOブースでは、
毎戦、様々なイベントを開催しております。
そこで今回は、富士戦にて開催したNISSAN/NISMOブースでの
イベントをご紹介したいと思います!


右の写真は、お馴染み柿元総監督のトークショーの様子。
予選終了後すぐにブースに登場し、予選の分析や
決勝に対する意気込みなど、戦況を速報で皆さまにお伝えしています。
今回は予選での好成績もあり、いつも以上に多くのお客さまが
トークショーにお越しくださり、祝福の拍手を送って頂きました。
今回はNISMOの宮谷社長や田中執行役員も登壇し、
ファンの皆さまとその喜びを分かち合いました。

「タイヤが違う以外に、GT500クラスの4台に違いはありますか?」
とのお客さまからの問いに対し、
「タイヤが違うという事は、それに合わせて車のセットアップも
変わってきます。ドライバーによっても運転の仕方に違いがありますね。」
と回答すると、MCからは、
「監督の違いというのも大きいのでは?」と問いかけられ、
「一番のギャンブラーは近藤監督ですね。ただ賭けだとしても当たる率は
いいんですよ。大駅監督と鈴木監督は2人とも似たタイプですね。
星野監督は、、、見た通りです。」
と、それぞれの監督のキャラクターを語り、最後に
「星野監督の机だけは、ほかの監督の机より強度も少し高いんですよ。笑」
と、感情表現豊かな星野監督に対し、ユーモラスな一言を付け加え、
会場からは笑いが巻き起こっていました。


こちらは決勝直前のドライバートークショーの様子。
これから決勝に挑むというドライバーの思いを聞くことができます。
今回登場したのは柳田選手。
予選で上位3位にNISSAN GT-Rが揃った事に対して
どう感じているか?という質問に対して、
「普段、レース中はライバルメーカーを気にしていますが、
ここまで揃うと他の日産チームが気になりますね。
今までもGT-R同士、アクシデントでぶつかってしまったことが
あったので、そういった意味でも気にしないといけないですよね。
今回は何も起きないよう、車間を空けるようにというチームオーダーも
あったんですよ。笑」と、冗談とも事実とも受け取れるような
笑いを交えてのトークにお客さまからも笑いが起きていました。
最後の会場からのQ&Aコーナーでは、
「レーサーになるために必要なことは?」という夢溢れる質問に対して、
「夢を強く持つ事。そして、貪欲に求め努力する事が必要だと思います!」と語り、
「どのドライバーも見えない部分でレースに向けた準備をたくさんしています。
苦労してもめげずに努力することは、レースだけではなくどんな事においても
重要になってくると思います。」とレーサーになりたいと語るお客さまにエールを送っていました。

こちらは○×クイズの様子。なんと今回は特別にレースクイーンも登場し、
クイズを出題していました。最後まで残ったお客さまには
非売品グッズのプレゼントもありますので、ご来場頂いた際は
ぜひご参加ください。惜しくも途中不正解となってしまった
お客さまにもプレゼントをご用意しておりますので、お楽しみに。

またブースでは、昨年までSUPER GTに参戦していた
13年モデルの#23 MOTUL AUTECH GT-Rを展示。
ブースではこの車両のコックピットライドも開催しており、
ついこの前まで走っていた車両の運転席に座れるというのは、
とても嬉しいですよね。岡山戦に引き続き、富士戦でも大人気でした!

そして今回初の試みとなったのが上の写真。
お子さまがレーシングスーツを着用して、レーシングカーの前で
記念写真を撮れるという新コンテンツを実施しました。
レーシングスーツを着られるという珍しい機会に、
参加頂いたお子さまも満面の笑顔で写真を撮っていました。

会場ではレースの他にも様々なイベントが目白押しですので、
ご来場の際にはぜひNISSAN/NISMOブースへ遊びに来てください!
皆さまのご来場お待ちしています!

⇒SUPER GT 2014 Rd.2 (Fuji) Race Day Highlights

< 前の記事へ