NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

熱い応援ありがとうございました!~SUPER GT第3戦@オートポリスの結果をレポート~

2014.06.03 Tue

2014年5月31日(土)~6月1日(日)にオートポリス(大分県)にて、
SUPER GT第3戦が開催され、日産陣営は1995年以来の
表彰台独占という快挙を達成しました!

今シーズンのオートポリス戦は、好天に恵まれ、
梅雨入りを前に夏日を思わせるような2日間となりました。

<予選>
GT500クラスでは、1位に#23 MOTUL AUTECH GT-R、
2位に#46 S Road MOLA GT-Rが入り、第2戦の富士に続いて
フロントローをNISSAN GT-R NISMO GT500が独占。

4位にポイントランキングトップの#12 カルソニックIMPUL GT-R、
8位に#24 D’station ADVAN GT-Rが入りました。
またGT300クラスでは、3位に#3 B-MAX NDDP GT-Rが入り、
セカンドローからのスタートに。

富士戦に続き、日産系の全チームがQ1を突破しただけでなく、
決勝が非常に楽しみな結果となりました。

<決勝>
予選日同様、気温が上がり、快晴の中でレースがスタート。
GT500クラスでは、#23 GT-Rと#46 GT-Rは後続を全く寄せ付けず、
2台で独走態勢に入りますが、レース中盤にペースの落ちてきた
#23 GT-Rの後方に#46 GT-Rが接触。
しかし、お互いダメージは少なかったため、後続とのギャップはそのまま、
ピットストップでのドライバー交代を迎えます。

その後も危なげなく1-2態勢で逃げ切りを図りますが、
終盤にGT300クラス車両のクラッシュによるセーフティカー導入で、
それまで築いたギャップは無くなることに。
終盤での接近戦に不安がよぎりましたが、残り9周で
レース再開すると、最後まで危なげなくハイペースで周回を重ね、
見事、#23 GT-Rはポールトゥウィン!
続いて、#46 GT-Rが2位でチェッカーを受けました。

#12 GT-Rは一時、5位に順位を落とすも、アグレッシブな走りで
3位に順位を上げてドライバー交代。
その後はマシントラブルによって守りの走行に。
後続に何度もテールトゥノーズで迫られますが、粘り強く順位を守り、
3位でチェッカーを受けました。#12 GT-Rは3戦連続での表彰台獲得。
#24 GT-Rは10位でドライバー交代して間もなく、エンジンルームから
スモークが発生したためマシンを止めてドライバーは退避。
残念ながらノーポイントでこのレースを終えました。

GT300クラスでは、#3 GT-Rは1つ順位を落として4位で
ドライバー交代を行った後、懸命に先行車を追いかけましたが、
逆転は叶わず4位でチェッカーを受けました。
これにより、#3 GT-Rは開幕戦から3戦連続入賞を果たしています。

今回のオートポリス戦では、皆さまの熱い応援のおかげで
非常に嬉しい結果を勝ち取ることが出来ました。
次回の菅生戦でも勢いこのまま、総合優勝に向けて
日産系チーム一丸となってレースに挑みますので、
ぜひ熱いエールをお願いいたします。

⇒Super GT 2014 Rd.3 (Autopolis) Race Day Highlights

< 前の記事へ