NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GTドライバーの運転に同乗! ~燃料電池車の走行体験~

2014.06.10 Tue

2014年5月31日(土)~6月1日(日)にオートポリス(大分県)で
開催されたSUPER GT第3戦では、
燃料電池車両のデモ走行や車両展示が行われました。


イベント広場では、車両展示を行いながら、エンジニアが
パネルで燃料電池車両の技術説明を行いました。

そして、なんとドライバーや監督が、お客さまを乗せて
サーキットを走行するという企画もありました。

予選日はこのドライバーが担当。

誰だかわかりますか?
ヘルメットでわかる方は、かなりのファンですよね!

正解は・・・

佐々木選手でした!

佐々木選手は燃料電池車両を運転するのは初めてで、
その静かさや加速感にびっくりしていました。
また、じつは日産は1996年から燃料電池車両の開発に取り組んでおり、
市販車のNISSAN LEAFや佐々木選手が運転したことがある
NISSAN LEAF NISMO RCの技術の基になっているのが、
この燃料電池車両の技術であることを聞いて、
とてもビックリしていました。燃料電池車両が
エクストレイルをベースに開発されていることについて、
自身で乗っている車がエクストレイルであることにも触れつつ、
お客さまとの試乗を楽しんでいました。

そして、決勝日は長谷見監督が担当。

燃料電池車両はガソリンの代わりに、水素と酸素から作る
電気をエネルギー源としています。走行時に排出するのは水だけで、
CO2や排出ガスを出さないもうひとつのゼロ・エミッション車として、
日産が力を入れている技術の1つです。長谷見監督は、
1回の水素充填で約500km走行できるということに驚いていました。

エンジニアからの技術説明に熱心に耳を傾け、
お客さまを乗せた同乗走行の後には、
「加速も十分だし、静かでいいね!この車欲しいよ!」と
言う場面もありました。

燃料電池車両の試乗にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

日産自動車では、2017年に世界初の手ごろな価格での
量産型燃料電池車両の発売を目標に取り組んでおります。

燃料電池車両に関する情報はこちら

⇒NISSAN GT-R Dominates Podium at SUPER GT Rd.3 (Remix version)

< 前の記事へ