NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

チームと共にSUPER GTを盛り上げるレースクイーンにインタビュー!~B-MAX NDDP Racing Girl 真山明梨さん~

2014.09.30 Tue

チームと共にSUPER GTを盛り上げるレースクイーンのご紹介、
最終回は#3 B-MAX NDDP GT-Rのレースクイーン、
B-MAX NDDP Racing Girl真山明梨さん。

B-MAX Racing Teamは、レースに関連するパーツの制作や
レーシングカー/パーツのメンテナンスなどを行っており、
レースに参戦するには欠かせない役割を担っています。
このB-MAX Racing Teamのレースクイーンを務める真山明梨さんのご紹介です!どうぞ!

Q1:SUPER GT 2014シーズンのレースで一番印象に残っている出来事は?
⇒第2戦富士でのグリッドウォークです。ポールポジションで迎える
グリッドウォーク、スタート進行は本当に特別感がありましたし、
何より日産応援団の方々の目の前でのスタート進行だったので、
感じる歓声が本当に熱く気持ちが伝わってきて感動しました。

決勝レースのスタート進行の際、カーナンバーのボードを持ってグリッド
に立ち、そこに入ってくるマシンを待ち構えるレースクイーンの皆さんは、
いつもどのような景色を見ているのでしょうか。
ポールポジションからの景色はきっと格別ですよね。

Q2:これだけは欠かせない!という美容テクニックは?
⇒とにかくたくさん笑うこと!

Q3:ご自身のチャームポイントや特技、プチ自慢などを教えて下さい。
⇒ぽってりくちびるがチャームポイントです!
 特技は卓球と、楽しい雰囲気作りです!笑

#23 MOTUL AUTECH GT-Rレースクイーンの高橋美咲さん、白渚悠さんと
3人で一緒にいる時も、楽しい雰囲気作りという特技を発揮して
ムードメーカーとなっているのでしょうね。

Q4:レース会場の往復の移動時間に聴く音楽は?
⇒移動時間は23号車の2人とずっとお話ししています。
なので、普段は聴いていないんですが、もし聴くならaikoさんか
アジアンカンフージェネレーションさん!元気の出る曲を聴きます。

Q5:プライベートで、この夏一番印象に残った/楽しかった思い出は?
⇒23号車の2人と行った海♡ 3人ともタイプが違うんですが、
それがまた良いのか、すごく仲良しです。

レースクイーンの皆さんのTwitterやブログでもよく3人で写っている写真が
登場しますが、プライベートも一緒に過ごしているとは、
本当に仲が良いんですね。

Q6:オフの日はどのように過ごしていますか?
⇒友達とご飯を食べに行ったり、お買いものに出かけたり、
基本的に外に出てちゃきちゃき動いています♪

レースや撮影会など1日立ち仕事のイメージが強いためお休みの日は
ゆっくり過ごしていそうですが、オフでも色々なところに出掛けて
行くんですね。元気ではつらつとした印象です。

Q7:レースの際に必ず行っているゲン担ぎはありますか?
⇒あるけど内緒です。笑

かなり気になりますね。
ゲン担ぎだからこそ他の誰にも言ってはいけないという事でしょうか。

Q8:デートの時、これで迎えに来てくれたらキュンとしてしまう!という日産車は?
⇒GT-R NISMOのバイブラントレッドで来てくれたらしびれます!笑
あとはスカイラインクロスオーバー!ラグジュアリークーペと
ラグジュアリーSUVの融合から生まれた全く新しいスカイラインという事で、大人の上質なSUV、すごくかっこいいです。
日産車はインテリアもエクステリアもこだわりがたくさん!
どんなクルマも一味違ってそこが素敵ですよね♡

レースに携わっているだけあって、やはりGT-R NISMOはキュンとしてしまうようですね。
普通の女の子ではなかなか出てこないのではないでしょうか。
またNISMOレースクイーンの皆さんに聞いて分かりましたが、
“大人の”は大事なキーワードのようですね。

Q9:自身にとっての『レースの魅力』とは何ですか?また、レースを初めて見に来るお客さまにも、「これだけは絶対にみて欲しい」というイベントはありますか?
⇒サーキットはたくさんの想いが集まる場所。みんなが一つの目標に向かって、それぞれのベストを尽くして、努力をし続けて。チームも、私たちも、ファンの皆さんも一体感を感じられるのが大きな魅力かなと思います!
私はスタート進行、グリッドウォークのあのピリッとした緊張感が
とても好きなのですが、公開車検やオープンピットも見逃せませんよね!
マシンを間近で見られるチャンス!
ピット作業も最高にかっこいいと思います。

レースではマシンやドライバーについ目が行きがちですが、ピットクルーやレースクイーン、そして多くのファンの皆さまと一体になって戦うチームスポーツですよね。
この特別な一体感を味わうことのできるレース会場は、実に魅力的です。

Q10:日々の生活の中で、「職業病だな…」、と思ってしまう瞬間はありますか?
⇒私は3号車を応援しているので指を3本立てて「3ピース」をしているんですが、日常生活で普通にピースをしようとしても、もう3ピースが癖になってしまいました!笑

#23 GT-Rのレースクイーンも指で2と3をつくり23号車としていますよね。
そんなレースの癖がプライベートでも出てしまうとは・・・。

Q11:読者の皆さまへメッセージをお願い致します。
⇒日産応援団の皆さんの熱い熱い声援、すごく心に響きます!
一生懸命応援して下さっているその姿をみて、私もパワーを貰えています!
もっと頑張ろうって思える☆
こんなに愛されているチームの一員としてサーキットに立てる事が本当に嬉しいです。
感謝の気持ちを忘れずに一生懸命頑張りますので、
これからも3号車の応援をよろしくお願いします♡
一緒にモータースポーツを楽しんで盛り上げましょう~♪

(Rd.5富士にて、星野選手SUPER GT参戦100戦目記念のお祝い)

レース会場では、NISSAN/NISMOブースでのサイン会や
会場内の移動中などにレースクイーンと直接話す機会もございますので、
もっと話を聞いてみたい!という方はぜひレース会場にお越しください!

⇒レースクイーンにインタビュー!~MOTUL Circuit Lady高橋美咲さん~はこちら

⇒レースクイーンにインタビュー!~AUTECH Race Queen白渚悠さん~はこちら

< 前の記事へ | 次の記事へ >