NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

モータースポーツ・ジャパン2014の実施レポートVol.1

2014.10.28 Tue

10月25日(土)~26日(日)にお台場でモータースポーツ・ジャパン2014が開催されました。2日間に渡って行われたこのイベントには10万人を超えるお客さまが来場し、モータースポーツファンはもちろん、たくさんの家族連れの方やお台場にたまたま遊びに来ていた方などが、モータースポーツの生の迫力を体感しました。
今回はこのモータースポーツ・ジャパン2014の様子を3回にわたってご報告。まずは日産ブースでの1日を振り返ってみたいと思います。


両日とも天候に恵まれ、特に土曜日は朝から晴天で、日中は半袖のお客さまも見かけるほど暖かく過ごしやすい1日となりました。

日産ブースでは早朝からサイン会の整理券を配布したにもかかわらず、全ての整理券が無くなり、たくさんのお客様が集まってくださいました。

続いてお馴染みのピットワークシミュレーション。今回はお客さまにタイヤ交換を体験していただく前に、デモンストレーションとして松田選手と柳田選手がタイヤ交換時間の対決を行いました。土曜日はお昼と夕方の2回対決の機会があり、松田選手が体格の良さを発揮し、見事2勝!柳田選手はとても悔しそうで、次回リベンジを誓いました。

こちらはピットワークシミュレーションの出番待ちの様子。サービス精神旺盛なお二人は、普段サーキットでは見せないおちゃめな決めポーズを見せてくれました。この後のタイヤ交換だけでなく、マイクパフォーマンスも冴え、会場は沢山の笑いに包まれました。

こちらはニスモ30周年を記念して行われたトークショー。長谷見監督、星野監督、近藤監督、本山選手が出演し、ニスモの創設期からの想い出や自身が深く関わってきたレース、これまで明かされなかったレースの裏話などが語られました。また、来年、ル・マン参戦を発表したことについて話がおよぶと、近藤監督に「実は星野さんから重大な発表があります」と振られた星野監督から「ドライバーとして参戦します!」と冗談が飛び出すなど、会場を沸かせていました。

こちらはキッズ限定の写真撮影会。レーシングスーツに身を包んだお子さまとドライバーで記念撮影。ドライバーに負けないくらい堂々とクルマの前でポージングしているお子さまが本当にかわいらしく、スタッフ一同温かい気持ちになりました。また、撮影している親御さんにも喜んでいただけたようで、とても嬉しそうにカメラを構えていらっしゃる姿が印象的でした。

Vol.1は日産ブースでの1日を振り返ってみましたが、いかがでしたでしょうか?
普段サーキット会場以外でなかなか接することができないレーシングカーに触れて頂き、少しでもモータースポーツを身近に感じて頂けたら嬉しいです。

次回は、日産ブースを飛び出して行われたその他のイベントについてお伝えします。
引き続きお楽しみに!

2014 SUPER GT Rd.7タイ総集編

< 前の記事へ