NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

今更聞けないシリーズ第1弾 SUPER GTって何!?その1

2015.02.06 Fri

「今更聞けないシリーズ」ということで、日頃、何となく知っているけど詳しくは知らない…など、疑問に思っていることがある方もいらっしゃるはず。そこで、第1弾は「SUPER GTって何!?」をお届けします。


■どんなレース?
SUPER GTは、ツーリングカーレースの国内最高峰で、市販のクルマもしくは市販予定のクルマをルールに従って改造したレーシングカーで争うレースです。ツーリングカーとは、一般的な乗用車のような形のクルマを意味し、フォーミュラカーとは異なります。また、GTとはグランドツーリングの略で、長距離を高速で走るのに適したクルマのことを言います。
GT500クラスとGT300クラスと呼ばれる2つのカテゴリーが混走して、それぞれのカテゴリーでの勝者を決めます。

■どれぐらい人気があるの?
SUPER GTは20年以上の歴史があり、年間のサーキット来場者数は国内カテゴリーでトップクラス。日本で代表するレーシングドライバーが多数参戦するだけでなく、海外からもハイレベルなSUPER GTのレースを求めて日本へやってくる選手も多い。さらに、チームには過去にSUPER GTやF1、ルマン24時間レースなどで活躍した名ドライバーが監督として在籍するなど、ドライバーだけでなく監督からも目が離せません。

■基本的なルールは?
年間約8戦、海外を含む日本各地のサーキットで開催されるSUPER GT。レースを面白くするカギとなるルールを紹介します。SUPER GTのレースは予選と決勝がありますが、特徴はどちらも2名のドライバーが交代で走行するというものです。


レース中にドライバーが交代する様子

【予選】
予選とは決勝でのスタート順を決める重要なタイムアタック。Q1とQ2の2回に分けて行われますが、Q1は15分間、Q2は12分間それぞれ1周の周回タイムを競います。GT500クラスでは、まずQ1で8位までに入ったチームがQ2に進出し、9位以下のチームはQ1での順位が予選での順位となります。Q2に進出したチームは再度タイムアタックを行い、ポールポジション獲得を目指して競い、その順位が決勝でのスタート順位となります。GT300クラスでは、Q1からQ2に進出するチームが13位までとなります。
予選では各チームが持てる力を全て出して、渾身のタイムアタックを行います。決められた時間の中で激しく順位が入れ替わるのが予選で、最後の最後に応援しているチームのドライバーが100分の1秒差で他チームに勝ってポールポジション(1位)を獲得したときは非常に興奮します。

予選のアタックタイムをモニターで見ながら一喜一憂する様子。

【決勝】
決勝ではドライバーが長い距離を走って競います。レースによって250km、500km、1000km等、距離が異なりますが、1人が2/3を超えて走行してはならないというルールがあります。そのため、どちらかが早くてもレースには勝てませんので、2人で力を合わせて戦わなければなりません。もちろん、速い方のドライバーが長い距離(多い周回数)を走った方が有利ですが、給油タイミングやタイヤの摩耗具合、クルマの調子、コースや他車の状況など、刻々と変化する戦況から先を予測しながらチームで戦略を練っています。

常に誰よりも速く走ることを追及するレーシングドライバーは、レースで最もカッコイイと言われているポールトゥーウィン(予選でポールポジションを獲得し、そのまま決勝で勝利すること)を目指します。

(その2へつづく)

【今更聞けないシリーズ】
■第1弾「SUPER GTって何!?」その1
■第1弾「SUPER GTって何!?」その2
■第1弾「SUPER GTって何!?」その3
■第1弾「SUPER GTって何!?」その4

< 前の記事へ