NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GT、ディフェンディングチャンピオンが強さを見せたシーズン前半を振り返る

2015.07.03 Fri

SUPER GT、次戦までは少し長いインターバルがあいています。

ここで今シーズンの前半戦を振り返ってみましょう。

前半のハイライトといえば、これですよね!!

前半3レースを終えて、GT500ではGT-Rがランキング2~4位に

入っています。

GT-R最上位の#12 カルソニック IMPUL GT-Rと、それに続く#1 MOTUL AUTECH GT-R。この2台は前半戦に何度も激しい戦いを見せています。

テールトゥノーズ、サイドバイサイド!

ディフェンディングチャンピオンの#1 GT-Rは、開幕戦の予選でGT-R最上位となる4番グリッドを獲得。決勝でもスタートドライバーのロニー選手がレース前半で首位に立ちました。

しかし、ブレーキトラブルで悔しい後退。修復に時間がかかったため、13位完走という結果になりました。

速さを見せただけに、悔しいノーポイントに

いっぽうの#12 GT-Rも、土曜日午前の練習走行で車両火災のアクシデントが発生。予選への出場が心配されていましたが、チームメカニックの懸命な作業で無事に走り出し、8番グリッドを手に入れました。

#12 GT-Rは、一つポジションを上げた7位でゴール。これがGT-R勢の最上位でした。

予選でピットから出てきた#12 GT-Rには拍手が送られました。

オリベイラ選手は左手親指骨折の痛みをおして出場!

続く第2戦では、2台の長く激しいバトルが観客を魅了しました。

#12 GT-Rは、終盤にはじわじわとトップに引き離されてしまいましたが、それでもGT-Rの速さを十分に見せつけ、3位との差は40秒近く!

異次元の速さで1-2フィニッシュ!

第3戦でもこの2台がふたたびバトル!

#1 GT-Rが予選13位、#12 GT-Rが予選11位と不本意なスタート順位となりますが、

両車ともに灼熱のサーキットで次々と順位を上げていきます。

レース終盤には、#12 GT-Rのオリベイラ選手が#1 GT-Rの松田選手をオーバーテイク!

オリベイラ選手が富士の借りを返した瞬間でした。

富士の借りを返し、松田選手に後ろ姿を見せるオリベイラ選手!

シリーズポイントも僅差で、ウェイトハンディにも大きな差のない2台。

第4戦以降も両者の火花散る争いに注目です!

さて、タイ戦から富士戦まで1ヶ月ほどのインターバルですが、GTドライバーはその間サマーブレイクというわけではありません。

今週末に富士スピードウェイで開催されるスーパー耐久シリーズ第3戦に、#12 GT-Rの安田選手がスポット参戦します!

実は、2008年のGT300クラスチャンピオンコンビの2人です。

国内最長レースとなる8時間の耐久レース。

安田選手はディフェンディングチャンピオンの#1 GTNET ADVAN C-WEST GT-Rの第4ドライバーとして出場。チームメイトにはGT300クラスでタイ2連覇を果たした星野一樹選手がいます。

その他にも、佐々木選手や高星選手など日産ドライバーが多数出場。

こちらのレースでも、ぜひたくさんの応援をよろしくお願いします!!

<前の記事へ