NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

NISSAN GT-R、驚異の3連勝!~SUPER GT2015第4戦@富士 結果レポート~

2015.08.11 Tue

SUPER GT第4戦富士。NISSAN GT-Rが勝利を収めました!


これで今シーズン4戦中3勝!

2015年8月8日(土)、9日(日)に富士スピードウェイにてSUPER GT第4戦が開催されました。
最後の最後までオーバーテイクショーが続いたレースを振り返ります。

<予選>

GT500クラスは、ウェイトハンディ搭載のない#24 D’station ADVAN GT-RがGT-R勢最上位となる6位に。
#12 カルソニック IMPUL GT-Rが8位、#46 S Road MOLA GT-Rが10位、#1 MOTUL AUTECH GT-Rが11位に着けました。

GT300クラスでは、ポイントランキング1位で78㎏ものウェイトハンディを搭載する#10 GAINER TANAX GT-RがQ2に進出!最終的に、11番手のグリッドを獲得しました。

<決勝>

予選日は湿度が高く蒸し暑かったのですが、決勝日はカラッとした真夏日に。日差しが強くてジリジリと焼けるような暑さでした。


ドライバーも、レース直前まで体をケアして臨みます。

#1 GT-Rはハンディウェイトに苦しみながらもじわじわと順位を上げていきます。そしてレース中盤、目の前を走る#24 GT-R、#8 NSX CONCEPT-GTと同時ピットイン。メカニックの驚異的な速さのピットワークで、この2台を逆転することに成功します!


コースに戻った#1 GT-Rの順位に、周りは驚きを隠せないようでした。

全車がピット作業を終えると、11番手スタートだった#1 GT-Rが3位に浮上。さらに#36 レクサス RC Fを抜いて2位にそしてトップへと襲い掛かります。

2台の熾烈なトップ争い。しかしその陰で、さらに驚異の追い上げを見せていたのが#24 GT-Rです。スタートドライバーのクルム選手からバトンタッチした佐々木選手が、1周につき1秒近く速いタイムで、みるみるうちにトップ争いに迫ってきました。

そして、60周目。ロニー選手が駆る#1 GT-Rを、オーバーテイク!その勢いのまま、翌周にはトップに躍り出ます!

#24 GT-Rは、実に5年ぶりの優勝。クルム選手にとっては2004年以来、そして佐々木選手は念願のGT500初優勝となりました。

そして、最終ラップにもドラマが。#24 GT-Rの先行を許しながらも表彰台圏内を走行していた#1 GT-Rですが、最終ラップに#12 GT-Rと激しいバトルに。ダンロップコーナーで、オリベイラ選手がロニー選手をかわし3位浮上!表彰台の最後の一角を手に入れ、シリーズランキングでもトップに浮上しました。

GT300は、GT-Rにとっては厳しいレースとなりました。#3 GT-Rは16番手スタートからの追い上げを誓っていましたが、オープニングラップでアクシデントに遭遇しリタイア。最上位は#10 GT-Rの6位でした。

次戦は伝統の鈴鹿1000㎞!こちらも熱く激しい戦いが予想されます。
応援よろしくお願いします!

詳しいレースレポートはこちら

予選ハイライト
Super GT 2015 Rd.4 (Fuji) Qualify Day Highlights

決勝ハイライト
GT-R Wins 3 Races in a Row! – Super GT 2015 Rd.4 Fuji

<前の記事へ