NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

今シーズン2度目のダブル1-2フィニッシュ! ~SUPER GT第7戦@オートポリス 結果レポート~

2015.11.03 Tue

SUPER GT第7戦オートポリスで、GT-Rが今シーズン2度目のダブル1-2フィニッシュを果たしました!


第2戦富士に続いて、2度目のダブル1-2フィッシュ!

GT-Rが得意としているオートポリス。昨年はGT500クラスで表彰台を独占しましたが、今年も強さは健在でした!まさに「GT-R祭り」だった週末を振り返ります。

<予選>

週末の天気予報は土曜日から雨マークがついていたのですが、少しずつ天気の変化がずれてきていたのか、予選日は1日中いいお天気となりました。阿蘇山の中に位置するオートポリスは標高が高いため、朝晩の冷え込みはとても厳しいのですが、日差しの強い昼間は汗ばむほどの陽気に。


サーキットエクスペリエンスというイベントが行われたお昼には、
真っ青な空が眩しいほどでした。

そんななかで、シリーズランキングトップを走る#12 カルソニックIMPUL GT-Rがポールポジションを獲得!#12 GT-Rは1kgのウェイトハンディに加え、燃料リストリクターを絞られるというハンディを背負っての戦いになるため、不利になるのではという予想もされていましたが、コースレコードを約1.7秒も削るタイムでポールポジションを獲得しました。


意外にも、今シーズン初ポールポジションの#12 GT-R。
星野監督も嬉しそうです。

さらに、#1 MOTUL AUTECH GT-Rが3位、#24 D’station ADVAN GT-Rが4位につけました。#46 S Road MOLA GT=Rは、惜しくもQ2進出を逃し、予選10位からポジションアップを誓います。

いっぽう、今大会でシリーズチャンピオンが確定する可能性があるGT300クラスでは、#3 B-MAX NDDP GT-Rが8位。タイトル獲得の望みを最終戦へつなげるため、何としてでも表彰台は手に入れたいところです。
そしてシリーズランキングトップの#10 GAINER TANAX GT-Rは予選14位となりました。


久々のシングルグリッドとなった#3 GT-R。
#10 GT-Rの前でゴールするのがタイトルに向けた最低条件です。

<決勝>

前日までは暖かかったオートポリスですが、一夜明けると一気に季節が進んだかのように寒くなりました。雨予報も消えないまま、曇り空のもとで決勝レースがスタートです。


ポールポジションで報道陣が詰めかける#12 GT-Rのグリッド。
追いかける#1 GT-Rも準備は万端です。

スタートからトップを快走するのは#12 GT-R。3番手の#1 GT-Rは離されまいと喰らいついていきます。その気迫におされるかたちで2番手のマシンがコースオフ。ここから#12 GT-R対#1 GT-Rの長く激しい戦いが始まりました。

2台の差は大きく変わらないまま、先に動きを見せたのは#1 GT-R。ピット作業に向かい、ロニー選手から松田選手に交代してピットを後にします。

この数周後に#12 GT-Rもピットイン。オリベイラ選手から安田選手に交代です。
タイヤを交換した直後、アウトラップの安田選手に襲い掛かる松田選手。鬼気迫る走りで逆転に成功します。
首位を明け渡してしまった安田選手ですが、タイヤが十分に温まってくると反撃を開始。2台のバトルは最終ラップまで続きましたが、#1 GT-Rが最後まで抑えきって、今シーズン2勝目をマークしました!今シーズン2度目の1-2フィニッシュです。


安田選手との死闘を制した松田選手。チェッカー後にロニー選手と抱き合います。

GT300では、周囲より早めにピット作業を行い、誰にも邪魔されないスペースでレースに戻ってハイペースで追い上げる「アンダーカット」という作戦を成功させた#3 GT-Rが、第3戦タイ大会に続く2勝目をマーク!


早めのピットインで、40周近くを戦うことになった高星選手。自力で首位に立ち、最後まで追随を許さず今季2勝目!
シーズン中盤に苦しんできた星野選手もうれし泣き!

そして、予選14位から着々とポジションを上げてきた#10 GT-Rが2位に入り、今シーズン3度目の1-2フィニッシュを達成しました。さらに、今大会の結果により、#10 GT-Rのクート選手が自身初のシリーズチャンピオンを獲得しました!#10 GT-Rはチームタイトルも手にしています。


どんなにウェイトを積んでも上位入賞を続けてきた#10 GT-R。
驚異の強さでチャンピオン獲得です。

シーズン2度目のダブル1-2フィニッシュを飾ったGT-R。いよいよ2週間後に最終戦が行われます。
GT500のタイトル争いは、ランキング1位の#12 GT-Rと2位の#1 GT-Rとのポイント差がわずか2ポイントと接近。もてぎは「勝ったものがチャンピオン」となりそうです。非常にシンプルな戦いですが、だからこそ熾烈な戦いが予想されます。GT-Rのタイトル獲得の瞬間を、お楽しみに!

詳しいレースレポートはこちら

予選ハイライト
Another Pole Position for GT-R!
-Super GT Rd.7(Autopolis) Qualify Day-

決勝ハイライト
Double 1-2 Finish by GT-R Again!
-Super GT Rd.7(Autopolis) Race Day-

<前の記事へ