NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

魅力的なクルマばかり!東京オートサロン、日産/NISMOブースレポートその2

2016.01.22 Fri

史上最大規模となった今年の「東京オートサロン2016」。来場者数も過去最高の約32万5000人を記録しました。日産/NISMOブースには、昨シーズンのサーキットにも登場したAUTECHバージョンの車両や、オートサロンに合わせて発表されたセレナ「NISMOパフォーマンスパッケージ」などのカスタマイズモデルが勢ぞろいしました。
周りに比べ、ひときわ大きな日産/NISMOブースは、入り口からも目立ちました!

「MOTUL AUTECH GT-R」に目を奪われがちですが、展示されているカスタマイズカーもそれぞれ魅力あふれるラインナップです。

まずは、ステージ上に揃った「NISMOパフォーマンスパッケージ」の2台。セレナは、このオートサロンに合わせて発表された新しいパッケージです。

さらに、フランスのファッションブランド「Lolita Lempicka」とコラボレーションした3台。マーチ、ノート、ジュークにも注目が集まりました。インテリアは、スタッズやカラーストーンをあしらったレザーシートやブランドロゴの入ったフロアマットなど、女性が気に入りそうなポイントがたくさん。ブラックレザー調のルーフラッピングは、男性にも好評でした。そういえば、トークショーで星野一樹選手も、このルーフラッピングに注目していましたね。

また、東京国際カスタムカーコンテストでセダン部門の優秀賞を受賞したSYLPHY S Touringや、DAYZ Bolero、X-TRAIL Mode Premierなど、サーキットのイベント広場にも登場した、レースファンにはある意味おなじみの車両もずらり。

ふだん、サーキットに足を運んでくださる日産ファンの皆さんにも、このブースでたくさん会うことができました。レースが大好きな皆さんに、こういったカスタマイズカーにも興味を持っていただけてうれしいです。
今シーズンも、様々なカスタマイズカーをサーキットでもご紹介していきたいと思いますので、皆様楽しみにしていてください!

Tokyo Auto Salon 2016 :Backstage Pass

<前の記事へ