NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

ドライバーも大忙し!東京オートサロン探訪記その2

2016.01.29 Fri

日産系ドライバーたちも大忙しだった東京オートサロン。広い会場のあちらこちらでトークショーやサイン会に登場しました。


いろいろなブースで見かけたであろう、この方!

前回のブログでご紹介したダンロップブース。ダンロップといえば、昨年のGT300クラス優勝タイヤメーカーですよね。オートサロン2日目には、千代選手と田中哲也監督が登場し、トークショーが行われました。


MCはサーキットでお馴染み、ピエール北川さんでした!

「タイヤのライフが長持ちしたからこそ達成できた作戦もあった」と、二人とも、サーキットでのタイヤパフォーマンスを絶賛!最後のじゃんけん大会では、タイヤパフォーマンスにかけた四日市名物「なが餅」が賞品になっていました。

今年、開業50周年を迎える富士スピードウェイでは、チェカレンジャーたちのトークショーを開催。「次チェカ」こと松田選手が登場し、日産/NISMOブースとは一味違う雰囲気でトークが進んでいました。


私服の松田選手、ちょっと珍しかったです。

オートサロン最終日には、「ろにチェカ」ことロニー選手も登場しました。
またブースには、富士スピードウェイ開業初年度に行われた第3回日本グランプリに参戦した、プリンスR380もお目見え。貴重なマシンに、ブースを訪れたお客様も、レース関係者も釘付けでした。

さて、オートサロン2日目に行われた「スーパーグランツーリスモ選手権 in オートサロン」。ここには本山選手が参戦したほか、先輩方の戦いの「解説者」として千代選手も登場しました。さらに、決勝レースにはGTアカデミーのジャパンファイナリスト、高橋拓也選手が加わり、白熱した戦いが繰り広げられました。


高橋選手と共にレースキャンプを戦ったイさんも、プライベートで高橋さんの応援に駆けつけました。

本山選手はスーパーグランツーリスモ選手権だけでなく、ショップブースのトークショーやサイン会と引っ張りだこ。合間を見つけてこっそりとのぞいていた日産/NISMOブースでの佐藤恵さんトークショーにも飛び入り参加してくれましたね。

本山選手のチームメイト、柳田選手はSEVブースにてサイン会!


だけでなく、店員も務めていました。

オートサロンに足を運んだ皆さん、たくさんのドライバーに出会えましたか?
来月には、各メーカーの今季のモータースポーツ体制が続々と発表されます。そこでまた、ドライバーの皆さんと会えるはず!お楽しみにお待ちくださいね。

>前の記事へ