NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

モータースポーツジャパンで、日産の先進車両をご紹介~モータースポーツジャパンレポート~

2016.04.27 Wed

先週末お台場で開催されたモータースポーツジャパン、残念ながら2日目は荒天のため中止となりましたが、1日目は多くのお客さまにお越しいただきました。

先週末お台場で開催されたモータースポーツジャパン、残念ながら2日目は荒天のため中止となりましたが、1日目は多くのお客さまにお越しいただきました。

一方、MOTUL AUTECH GT-Rではピットワークシミュレーションを実施。こちらも、大人はもちろんお子様も一生懸命タイヤを交換していました。実はドライバーも、このタイヤ交換にチャレンジ!ドライバー同士のタイム対決も大盛り上がりでした。

日産ブースでは、レーシングカーの他にも最新モデルのロードカーを展示しました。
今週リリース発表された、X TRAIL NISMO Performance packageや、SERENA NISMO Performance package。

NISSAN LEAFは、給電スタイルです。

ブース内には、NISSAN GT-R 2017年モデルを展示。国内ではまだ数少ない展示の機会のため、じっくりと眺めていかれるお客様が多かったです。

先ほどご紹介したピットワークシミュレーションの他にも、日産ドライバー達は様々なコンテンツに登場しました。
XANAVI NISMO GT-Rの前で、キッズ限定の撮影会。

そして監督&ドライバースペシャルトークショー。

なんと、松田選手は、車両のプレゼンテーションも。普段はミスフェアレディが車両解説をするので、ドライバーならではの目線でのプレゼンテーションは貴重な時間でした。

日産ブースでインフォメーションコーナーも設置。ここでは、お子様から大人まで楽しんでいただけるクイズラリーも開催していました。また、九州熊本地方の大地震義援金の募金箱も設置しました。ここで集まった募金はイベント終了後、MSJ運営本部を通じ、被災地に届けられます。

2日目は残念ながら強風のため中止となりましたが、すでにブースに集まっていた日産ドライバーたちでニコ生でのトークショーをお届けしました。コース上では火花散る争いを見せてくれるドライバーたちですが、こういった場ではチームを超えたつながりが見えて、とても面白いですよね。

日産ブースの他にも、スーパー耐久でKONDO RACINGと共同チャレンジを行っている日産自動車大学校のブースでは、学生たちが子供達にペーパークラフトを教えていたり、富士スピードウェイブースには昔懐かしいニチラインパルシルビアターボが展示されていたりと、どこを回っても楽しめる1日でした。

次回は富士戦のプレビュー情報をお伝えします。

>前の記事へ