NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GT第2戦@富士、昨年に続き両クラス制覇!

2016.05.06 Fri

昨年に引き続き、富士スピードウェイでGT500 / GT300クラスの両制覇を達成しました!

開幕前のテストから好調ぶりを見せたGT-R勢。本当に、富士とGT-Rは好相性です。様々なドラマが生まれた第2戦富士大会を振り返ります。

<予選>

開幕戦・岡山での活躍も記憶に強く残る、#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rの千代選手が、今回も予選で魅せてくれました。
Q1を任された千代選手。前戦の表彰台獲得で22kgのウェイトハンディを搭載しているにもかかわらず、コースレコードタイムを更新しました。2番手以下に大差をつけて、Q1突破です。

GT-R勢としては、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが2番手、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが3番手。40kgのウェイトを積んだ#1 MOTUL AUTECH GT-Rも5番手でQ1突破を決め、4台全車がQ2に進出しました。

そしてQ2では、#12 GT-Rのオリベイラ選手がスペシャルアタックを披露!文句なしのポールポジション獲得です。2番手に入ったのは、本山選手がアタックした#46 GT-R。#1 GT-Rは4番手、#24 GT-Rは7番手から明日の決勝レースをスタートします。

GT300では、#3 B-MAX NDDP GT-Rが5番手。Q2でポールポジション争いを任されたマーデンボロー選手が、ミスのないアタックを見せました。

<決勝>

予選日の夜中、富士スピードウェイは大嵐に見舞われました。決勝日の早朝までは雨・風とも強かったのですが、その風が分厚い雲を吹き飛ばし、決勝レースが始まる頃にはご覧の晴天に。

500kmの決勝レース、序盤は大きな順位変動もなく進んでいきましたが、静かながらも熱い戦いは各所で展開されていました。

序盤の2位争い、#46 GT-Rの本山選手を追い立てるのは、SUPER GTの最多勝利数で本山選手と争うレクサスの立川選手。2台の争いに、次第に#1 GT-Rのロニー選手が近づいていきます。0.1秒差が縮まっては、0.2秒突き放し…の繰り返し。見た目にはあまり派手なバトルではないのですが、この0.1秒単位の戦いは、ドライバーにとっては精神的にも辛い勝負です。

そんな2番手以降を引き離していくのが、#12 GT-Rのオリベイラ選手。一切ペースが乱れることなく快走です。それは、安田選手に交代した第2スティントでも全く変わりません。このまま独走態勢で優勝かと思われたのですが、なんとレースも終盤に差し掛かったところで、GT500クラスの車両クラッシュによりセーフティカーが入ってしまいます。10秒以上つけていた2番手以降との差が、一気になくなってしまいました。

SUPER GTでは、セーフティカー導入中のピットインは違反とされています。しかし、#46 GT-Rはレース再開までガソリンの搭載量が持たず、ピットインを余儀なくされてしまいました。

これで、2位を走行していた#46 GT-Rは順位を後退することになりましたが、その後も諦めない走りで順位を上げ、7位入賞となりました。

さて、レースが再開されてからは、#12 GT-Rのオリベイラ選手と#1 GT-Rのロニー選手の戦いが白熱!両者、一歩も譲らない勝負が続いていきます。ピット作業の速さで逆転首位に立ったロニー選手を、96周目にオリベイラ選手がオーバーテイク!

この後、ロニー選手も食い下がりますが、オリベイラ選手の守りは鉄壁で、勝負に決着がついたかと思われたのですが、なんとチェッカーまで残り3周というところで、#12 GT-Rのタイヤが悲鳴を上げてしまいました。

マシンにダメージをおった#12 GT-Rはここでレースを終えることに。代わってトップに再浮上した#1 GT-Rが開幕からの連勝を記録しました。

ロニー選手のマシンを降りたあとの表情が、激闘を物語っていますね。#24 GT-Rは、他車との接触により予定外のピット作業をすることになったため9位と順位を下げてのフィニッシュでしたが、佐々木選手がレース中のファステストラップを記録。GT-Rの速さをここでも証明してくれました。

GT300クラスでは、1回目のドライバー交代で首位に立った#3 GT-Rがそのまま独走で今季初優勝!マーデンボロー選手は、SUPER GT参戦2戦目で表彰台の頂点にあがりました。

開幕戦では本当に悔しい思いをしていた#3 GT-R。本当に嬉しそうです。今後の活躍にも期待ですね!

詳しいレポートはこちら

予選ハイライト
Super GT 2016 Rd.2(Fuji) Qualify Day Highlights

決勝ハイライト
Double Wins for GT-R at Fuji: Super GT Rd.2 Race Day

次回のブログでは、イベント広場などの様子をレポート!
サーキットって、レース以外にも沢山楽しいことがあるのです。

前の記事へ