NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

日産自動車の原点を本社ギャラリーで展示中

2016.06.07 Tue

日産自動車の始まりに、触れてみませんか?

現在、日産グローバル本社ギャラリーでは、オールド・ダットサンの展示イベントが開催されています。

モータースポーツの世界で「ダットサン」といえば、1950年代に豪州ラリーへ参戦したダットサン210の「富士号」「桜号」を思い浮かべる方もいると思いますが、今回展示しているオールド・ダットサンはそれより以前の1930年代の車両。戦前に国産初の普及型自動車として、全国の街中を駆けていました。

実はその市販車をベースにしたレーシングカーを制作し、日本発の常設サーキットである多摩川スピードウェイで開催された第1回全日本自動車競走大会に参戦したのが日産自動車のモータースポーツの始まり。デビュー戦で敗れた悔しさを胸に、第2回大会までにマシンをバージョンアップ。見事にリベンジを果たしました。日産の技術力、そして勝負にかける情熱は、この黎明期から脈々と受け継がれているものなのです。

ダットサンの名前は、非常に速いことのたとえに使われる「脱兎」に由来するのだとか。ダットサンの名称は1980年代から一時途絶えてしまいましたが、現在はインドネシアやインド、ロシア、南アフリカなど海外に向けたブランドとして復活しています。

現在展示しているのは、いずれも1935年のダットサン。レトロでおしゃれな雰囲気の3台です。同じホールにある最新技術を搭載した車両と合わせて、新旧日産車両を楽しんでみてはいかがでしょうか。

また日産ヘリテージコレクションではダットサンをはじめ、レーシングカーなど往年の日産車を一同に展示しています。見学会も実施していますので、こちらもあわせてぜひチェックしてください!

見学会の様子はこちら
ヘリテージコレクション見学の詳細はこちら

>前の記事へ