NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

来週はSUPER GT SUGO大会!その前に…~SUPER GT公式テストレポート

2016.07.12 Tue

大変な天気になってしまいましたが…。
先週、7月8日(金)、9日(土)の2日間、SUPER GTシリーズを統括するGTAが主催した公式テストが鈴鹿サーキットで行われました。
2日間の天気予報は、今年1つめの台風により荒れ模様だったため、予定されていた走行時間が変更になりましたが、2日間で各チームは精力的に走行を重ねていました。

実は、テストが行われる前日の7月7日(木)、鈴鹿サーキットのある鈴鹿市を管轄する鈴鹿警察署に、NISMOの松田選手、ロニー選手が表敬訪問しました。

SUPER GTでは、転戦するサーキットを管轄する地元警察本部と協力して交通安全の啓発活動を行っていますが、その一環としてドライバーの表敬訪問を行っています。昨年の鈴鹿1,000km大会前にも松田選手が訪問しましたが、ロニー選手は初訪問。交通安全の誓いを宣誓し、SUPER GTのオリジナルリフレクター(自発光式反射材)を贈呈しました。

ちなみに、七夕当日の訪問となった今回。松田選手とロニー選手は願い事を書いた短冊を所内に用意された笹に飾っていました。

交通安全に対する願いと、「3連覇できますように」というお願いも忘れずに。

さて、そんなNISMOの#1 GT-Rは、テストでのベストタイムはトップから1秒近い差をつけられることになりました。あまり良い感触が得られなかったかな…と思ってしまいますが、#1 GT-Rは開幕からの2連勝により、GT500クラスで1番重いハンディウェイトを搭載しています。我慢を強いられるレースが続く中で、どれだけポイントを重ねていけるか、注目です。

また、セッショントップタイムを記録した#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rや初日のトップタイムに迫った#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rなど、GT-R勢の好調さが目立った今回のテスト。コースレイアウトは違えど、来週のSUGO大会に向けても期待の高まるテストになりました。

今回のテストでは、レースウィークでも人気のイベント・サーキットサファリが予定されていましたが、残念ながら雨で中止。その代わり、GT500/GT300のドライバーがガイドを務めるサーキットバスツアーや、オープンピットなどでドライバーと触れ合う時間が用意されました。

第2戦富士で優勝し、全日本F3選手権でも活躍するマーデンボロー選手の人気はうなぎのぼり!たくさんのファンに声をかけられていました。

>前の記事へ