NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

もてぎ最終戦まで、あと2週間!~SUPER GT今シーズンのおさらい・GT500編~

2016.11.01 Tue

いよいよ今日から11月。
SUPER GT最終戦の開催月に入りました。
今回はGT500クラスのここまでの戦いを振り返ります。

現行の車両規則で作られたGT500マシン、最後の年。
NISSAN GT-Rはこれまで同様、4台のマシンがエントリーしました。

2014年、15年と連覇を達成しているGT-R。
今年の開幕戦も、その勢いは止まりません。
#1 MOTUL AUTECH GT-Rが予選3位から逆転優勝を飾りました。

開幕戦の岡山をGT-Rが制したのは2011年以来のこと。
※東日本大震災の影響により、シーズン2レース目の大会になりました
NISMOとしては、8年ぶりの開幕勝利でした。

さらに#1 GT-Rは第2戦富士でも優勝。開幕2連勝です。

熊本地震の影響により、シーズン3戦目となったSUGO大会では、
#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが勝利。
予選9位からタイヤ無交換作戦を成功させての、見事な逆転優勝でした。

夏の富士大会では、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが
ゴールデンウィークの500kmレースのリベンジとばかりに
大量リードを築いて今季初勝利。
ここまでGT-Rが開幕4連勝を達成しました。

この夏の富士大会では、
#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rがレース中にクラッシュを喫し、
千代選手が次戦 鈴鹿1000kmを欠場する事態になりました。
そこで、ブランパンGTシリーズ参戦中の高星選手が大抜擢。
ベテラン本山選手に「100点満点」と言わせる働きで、
開幕戦に続き、2度目の3位表彰台を獲得しました。

ここまで4台全てが活躍を見せているGT500クラス。
ポイントを重ねれば当然搭載するウェイトハンディも大きくなります。
第7戦タイでは、#12 GT-Rの4位が最上位となりました。

最終大会を控え、現在のポイントランキングは、

1位:#1 GT-R / 松田・クインタレッリ…56ポイント
6位:#12 GT-R / 安田・オリベイラ…36ポイント
9位:#46 GT-R / 本山…28ポイント
11位:#24 GT-R / 佐々木・柳田…22ポイント

となっています。

過去に2連覇を達成し、現在2位に10ポイント差をつけている#1 GT-Rが
優位に立っていますが、
15台中14台がチャンピオン獲得の権利を持っているGT500クラス。
どのチームが栄光をつかむのか、全く読めない展開です。
2週間後、最高の笑顔を見せられるのは、
一体どのチームになるでしょうか。

>前の記事へ