NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

ドバイ、デイトナ、そして今週末はバサースト12時間レース!

2017.02.03 Fri

国内開幕はもう少し先。しかし海外ではすでにレースは始まっています!

国内3メーカーの体制発表が始まる時期になりました。
日産のモータースポーツ体制は、もう少しお待ちくださいね。
ところで、海外ではもう2017年シーズンは開幕しています。

1月12~14日。
日本では東京オートサロンが盛り上がっていましたが、
アラブ・ドバイではドバイ24時間レースが開催されました。

このレースのSP3-GT4クラスに、
日産GTアカデミーチームRJNが参戦。
Nissan 370Z GT4(日本名:フェアレディZ)・
123号車をドライブしたのは、
お馴染みマーデンボロー選手、リカルド・サンチェス選手、
ロマン・サラザン選手らです。

123号車は23列目・クラス2番手からのスタート。
スタートドライバーのマーデンボロー選手が序盤から飛ばし、
クラス最速タイムを記録。最終的には8位でゴールとなりました。

先週末はアメリカ、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで
デイトナ24時間レースが開催。
こちらには、日産エンジンを搭載した
デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル(Dpi)マシンが参戦。

2台のマシンのうち、2号車が表彰台まであとわずかの
総合4位でゴールしました。

そして今週末は、オーストラリア・バサースト12時間レースです。

今年のバサースト12時間レースにはニュースがたくさんあります。
まずは、オーストラリアで人気を博している
V8スーパーカー選手権に参戦している地元のスタードライバー、
トッド・ケリー選手とマイケル・カルーソ選手が、
バサースト12時間レースに初参戦することになりました。

こちらはシェイクダウンテストに参加したカルーソ選手。
バサーストではV8スーパーカー選手権も行われているので、
トラック経験は十分です。

2つ目は、マーデンボロー選手のバサースト12時間レースデビュー。
昨年、SUPER GTと全日本F3選手権で活躍したマーデンボロー選手が、
オーストラリアのレースに初参戦します。

そして、バサーストで人気の日本人ドライバー、
千代選手の2勝目へのチャレンジです。
2014年にバサーストに初挑戦した千代選手は、
翌2015年に日本人として初優勝。
昨年は僅差の2位となりました。

あの悔しさを胸に、再び頂点を目指します。

23号車のNISSAN GT-R NISMO GT3には、
千代選手、アレックス・バンコム選手、カルーソ選手が。

24号車には、フローリアン・ストラウス選手、ケリー選手、
そしてマーデンボロー選手が組むことになりました。
2台の活躍を、是非お楽しみに!

>前の記事へ