NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

twitter

週末のお台場、いかがでしたか?

2017.04.18 Tue

モータースポーツが、お台場にやってきました。


先週末は、お台場でモータースポーツジャパン2017が開催されました。
今年で12回目となったこのイベント、昨年は荒天で2日目が中止と
なってしまいましたが、今年は快晴に恵まれ、なんと2日間で12万人もの
お客さまにご来場いただきました。ありがとうございました!
日産/NISMOブースでは、レーシングマシンとロードカーを展示しました。
やはり一番人気のコンテンツは、レーシングカーのピットワーク
シミュレーション。


GTの現場と違い、これだけお客さまに囲まれてタイヤ交換をする機会も
少ないので、緊張で本来の速さを発揮できなかった回もありましたが…。
本番でのNISMOメカニックたちの勝負強さは、ぜひSUPER GT本戦で
お楽しみください。

メカニックたちによるプロの技を間近で見学した後は、
お客さまも体験です。
メカニックたちが軽々と扱っているインパクトレンチも、
実はけっこう重いです。
ナットを緩めるときの衝撃も強いので、初めて体験する方はビックリ。
あらためて、メカニックたちの仕事の大変さ、すごさを実感していただけたようです。

もちろん、こちらも人気。ドライバートークショーとサイン会です。
松田選手、ロニー選手、安田選手、佐々木選手、そして本山選手と
人気ドライバーがそろったトークショー。
開幕戦が思わぬ結果となっただけに、序盤は口も重かった5人ですが、
お客さまの熱気とMCのテンポにつられ、徐々に普段の雰囲気に。
日産陣営全体でチームワークを発揮して、次戦以降の挽回を誓います。



そして、今年新たに始まったのが、NISMOドライバーによる
ロードカープレゼンテーション。
普段はミスフェアレディが展示車両のプレゼンテーションを行いますが、


今回は、松田選手とロニー選手がスペシャルプレゼンテーション。
ロニー選手も乗っているというスカイラインの、60周年記念モデルの
プレゼンを行いました。
2日目のトークショーで発覚しましたが、スカイラインを4台乗り継いで
いるロニー選手。
ドライバーと一緒にクルマの内装などをのぞき込みながら話が聞ける
なんて、スペシャルなイベントですね!

もう1台は、松田選手も所有しているノート e-POWERの
NISMOバージョン。
日産ドライバーの中でも随一のクルマ好き、松田選手が熱弁。
非常に詳しい&レアなプレゼンテーションになりました。
日産/NISMOブースにはほかにも、ファミリードライブに便利な機能も
ついているセレナや、


電気自動車、リーフも展示。
リーフは、会場内の特設コースでレースカーバージョンの
NISSAN LEAF NISMO RCが走行姿を見せてくれました。


モータースポーツジャパンは、日産/NISMOブースのほかにも
さまざまなエリアやコンテンツが満載でした。
次回のブログでは、特設コースで行われたピットストップ対決や
カート大会などの様子をお伝えします。

モータースポーツジャパン1日目の様子


モータースポーツジャパン2日目の様子




>前の記事へ