NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

twitter

SUPER GT Rd.3@オートポリス、GT-Rへの応援ありがとうございました!

2017.05.23 Tue

オートポリス、最初から最後まで白熱したレースでした!




SUPER GT第3戦オートポリス大会、お楽しみいただけたでしょうか?
スタートからゴールまで、見逃せないバトル満載でした。
そんななかで、#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rが、
表彰台まであと一歩の4位入賞!
#23 MOTUL AUTECH GT-Rがそれに続く5位入賞。
#12 カルソニック IMPUL GT-Rと#24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rも7位、9位と、GT-R全車がポイント獲得しました。


GT-Rが高い勝率を誇っているオートポリス。
しかし、やはり今季はライバル勢も手強く、
上位争いは厳しいかもしれない…という予測も上がっていました。
しかし、予選では#46 GT-Rが奮闘!
Q1を務めた千代選手がしっかりとバトンをつなぎ、Q2ではベテランの本山選手が圧巻の走りを見せて2番グリッドをゲットしました!


決勝では、序盤にアクシデントが発生しセーフティカーが導入され、レース再開後もいたるところでバトルの嵐。
オートポリスはそこまでコース幅が広いサーキットではなく、
また久々のビッグレース開催で路面も埃っぽく滑りやすい状態でしたが、そんなコースをGTマシンが2台、3台と数珠繋ぎ、横並びで走っていきます。


#46 GT-Rは、スタートドライバーを本山選手がつとめ、後半は千代選手がチェッカーまで戦い抜きました。
レース終盤はコースサイドにトラブルの発生した車両が止まっていて、減速や追い越し禁止を示す旗があちこちで振られていました。
そのため、オーバーテイクのチャンスはほんのわずか。千代選手は最後の最後まで前のマシンを追い立てます。
さらに、11番手スタートから大幅ポジションアップした#23 GT-Rも、千代選手の背後に迫りました。


2台は並んで4位、5位でフィニッシュ。
惜しくも表彰台は逃しましたが、最後の最後まで結果が分からない、手に汗握るバトルを見せてくれました。

GT300クラスでは、#3 B-MAX NDDP GT-Rが17番手スタートから粘りの追い上げで9位フィニッシュ。
苦しい戦いが続く中で、開幕戦から3戦連続で
ポイント獲得を果たしています。


次戦は7月、SUGO大会。1か月以上のインターバルがありますが、この間には公式合同テストなども行われ、各チームが次のレースに向けて準備を進めていきます。
日産勢もさらにレベルアップしてSUGOに臨みますので、引き続き応援よろしくお願いします!

予選ハイライト


決勝ハイライト




>前の記事へ