NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

twitter

2017年SUPER GT、前半3戦を振り返ります:その2

2017.06.02 Fri

今回は、第3戦までのGT300クラスを振り返ります。



オートポリス大会から2週間。
ここまではあっという間でしたか?それとも長く感じていますか?
第4戦SUGO大会はまだまだ先。
今回はGT300クラスの前半戦を振り返ります。

<GT300>
今シーズンも、GT300クラスにNissan GT-R NISMO GT3が参戦。


#3 B-MAX NDDP GT-Rは、星野選手と高星選手のコンビが
1年ぶりに復活。
高星選手は今シーズン、全日本F3選手権にも参戦しています。


2015年のシリーズチャンピオン、#10 GAINER TANAX GT-Rは、富田選手と吉田選手のコンビ。
そして、#48 植毛 GT-Rと#360 RUNUP GT-R、全部で4台のGT-RがGT300クラスを戦います。


開幕戦前に岡山と富士で行われた公式テストでは、#3 GT-Rがともに好調な姿を見せていましたが、
「シーズンに入って、ふたを開けてみないと、本当の力関係は分からない」と、チームも気を緩めることなく開幕戦に臨みました。

#3 GT-Rは公式練習で3番手と上々の滑り出しとなりましたが、予選では周りのチームが大きくタイムを削り、Q2進出ならず。#10 GT-RがQ2に進み、10番グリッドがGT-R勢の最上位となります。


決勝レースでは、#3 GT-Rが持ち前の粘り強さで16番手スタートから7位まで順位を上げてフィニッシュ。#10 GT-Rも6位と、2台のGT-Rが入賞して開幕戦を終えました。


第2戦。富士大会では、公式練習中にタイヤアクシデントが起き、#360 GT-Rがホームストレートでガードレールにヒット。幸いドライバーに大きなけがはありませんでしたが、このアクシデントにより#360 GT-Rは予選・決勝と出走取りやめとなりました。


その予選では、#3 GT-RがQ2に進出して11番グリッドを手に入れました。
決勝レースは高星選手→星野選手→高星選手とつないで6位フィニッシュ。FIA GT3車両の性能調整(BoP)で、GT-Rはいくらか苦しい状況にありますが、その中でも着実にシリーズポイントを追加しました。


第3戦オートポリス大会。わずか2週間というインターバルでしたが、#360 GT-Rは無事に修復されて登場しました。


富士に続き、GT-Rが得意とされるオートポリスですが、予選最上位は#10 GT-Rの15位。
それでも決勝レースでは、#3 GT-Rが予選17位から大幅ポジションアップし、9位でチェッカーを受けました。


それぞれのチームはミスのない戦いをしていますが、苦戦が続いているGT300。
それでも、レースは何が起きるか分かりません。浮上のきっかけをつかむためにも、中盤戦以降も全力のレースを続けます。GT300クラスのGT-R勢にも、温かい応援をぜひよろしくお願いします!!!





>前の記事へ