NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

twitter

世界のレースで戦う日産・IMSAウェザーテックスポーツカー選手権

2017.09.19 Tue

前回のオーストラリアスーパーカーチャンピオンシップに引き続き。
今回はアメリカで戦う日産をご紹介します。

今回ご紹介する海外レースは、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権。
時計ブランド、ロレックスの名前を冠する24時間レース「デイトナ24時間」から始まる、アメリカのスポーツカー選手権です。


今年、このデイトナ24時間から、日産エンジンを搭載したマシンが選手権にデビュー。エクストリームスピードモータースポーツ(ESM)というチームから参戦している2台のマシンには、FIA GT3仕様のGT-Rエンジンをベースにしたエンジンが載っています。



海外では、アルコールブランドがスポンサーにつくことも、それほど珍しくはないのでしょうか。
ESMには、テキーラの有名ブランド「パトロン」がついていますね。

デビュー戦のデイトナ24時間は、表彰台まであと一歩の4位という結果だったESM。
その後、チームのホームグラウンドともいえるセブリングでの12時間レースを戦い、第3戦のロングビーチラウンドでは初の表彰台を獲得。上位争いの常連となりました。


そして、8月に行われたロード・アメリカラウンドで、ついに表彰台の頂点を獲得。
レース後半、セーフティカーラン後のリスタートで、抜群のスタートダッシュを見せての初優勝でした。


IMSAは、今週末にラグナセカでレースが開催されます。
日産エンジンの初優勝を果たしたESMが、この大会でどんな結果をもたらしてくれるのか、ご期待ください。



>前の記事へ