NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

全日本F3選手権、高星選手がチャンピオンに!

2017.09.29 Fri

お待たせしました!先週の戴冠の様子をお伝えします。

先週末、スポーツランドSUGOで全日本F3選手権の最終大会が行われました。
SUGOといえば、SUPE GTでも毎年ドラマチックなシーンが数多くみられますが、それはF3でも一緒。2011年には、当時F3-Nクラスを戦っていた千代選手も大逆転の末チャンピオンを獲得したことがあります。
開幕戦からポイントリーダーを走り続けてきた高星選手ですから、大逆転…というわけではありませんが、タイトル獲得が決まった第19戦は、劇的な戦いになりました。

赤旗中断によりアタックを阻まれ、予選4番手となった高星選手。ライバルの坪井選手(TOM’S)が3番手と、ランキング1-2が隣同士に並んでのスタートになりました。
第19戦が始まる時点で、両者のポイント差は19。このレースで11ポイント差まで詰め寄られると、翌日の第20戦にタイトル争いが持ち越されることになります。
高星選手が予選順位と同じ4位でゴールすると3ポイントを獲得。相手が優勝し、ファステストラップを記録すると、2人の差は11ポイントになってしまう計算です。

スタートダッシュに成功したのは坪井選手で、2番手に浮上。高星選手は反対に、5番手に後退してしまいます。

膠着状態のまま、レースは後半へ。すると、トップを走るドライバーがコースアウトを喫し、セーフティカーが入ることになりました。

残り3周でレース再開。自動的にトップに上がった坪井選手が、今度はファステストラップを獲るために猛プッシュをかけました。高星選手も4位に上がり、もう一つ上のポジションを目指します。

残り2周で坪井選手がファステストラップを記録。高星選手は、なかなか3位の相手を捕まえきれません。
これで決着は翌日に持ち越しかと思われましたが、最終ラップで別のドライバーがファステストラップを坪井選手から奪取!

4位でチェッカーを受けた高星選手は、最初はタイトルを獲得できたかよく分からなかったそう。ピットで待つスタッフたちの、ほっとした表情で「獲れたのかもしれない」と、ようやく状況が呑み込めたそうです。

高星選手、F3チャンピオンおめでとうございます!!!

これまでの、高星選手の戦いぶりや、自身の思いなど、NISMOサイトのブログで読むことができます。
ぜひご覧ください!

高星選手 F3 RACE BLOG

>前の記事へ