NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

2018年の日産モータースポーツ体制発表、新型GT3車両は4台がレースへ!

2018.02.16 Fri

GT300クラスに、2台の2018年型NISSAN GT-R NISMO GT3が参戦します。


前回のブログに続き、先日のリリースで発表になった新しいマシンを紹介します。

昨年の体制発表時に、開発の着手がアナウンスされた2018年型NISSAN GT-R NISMO GT3。いよいよSUPER GTにデビューします。

GT300クラスには、2台の2018年型NISSAN GT-R NISMO GT3が登場。戦うのは、昨年もNISSAN GT-R NISMO GT3を走らせたGAINERです。
同時にドライバーラインナップも発表になりました。
チームのエースカー、#11 GAINER TANAX GT-Rは、安田裕信選手と平中克幸選手がタッグを組むことに。
星野一義監督の下でGT500クラスの激戦を戦ってきた安田選手と、フェラーリやアウディ、メルセデスといった海外マシンで毎年のように上位争いを繰り広げてきた平中選手のコンビは、非常に楽しみですね。

そして、#10 GAINER TANAX triple a GT-Rをドライブするのは、NISSAN GT-R NISMO GT3の初代モデルから一緒に戦ってきた星野一樹選手。そのチームメイトは、吉田広樹選手です。

また、昨年まで戦ってきた2015年型NISSAN GT-R NISMO GT3も、引き続きGT300に2台が参戦予定です。こちらへの応援も、ぜひよろしくお願い致します!

2018年型のNISSAN GT-R NISMO GT3は、ブランパンGTアジアシリーズにもデビューします。
チームはKCMG。国内では全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦しているチームですが、母体は香港を拠点にアジア各国でモータースポーツ活動を行っています。
2013年に、松田選手が世界耐久選手権(WEC)に参戦した際のチームでもあります。

こちらは、ドライバーラインナップはまだ発表されていませんが、海外メーカーのGT3車両も集まるブランパンGTアジアシリーズで、新しいNISSAN GT-R NISMO GT3がどんな活躍を見せてくれるでしょうか。今年はブランパンGTアジアシリーズも注目です!

>前の記事へ