NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

日産系ドライバーの皆さんに、意気込みを聞いてきました!~GT300ドライバー編

2018.03.09 Fri

前回に続いて、先日のモータースポーツ活動計画発表会の裏でインタビューしてきたドライバーの声をお届けします。


前回は、GT500の8名のドライバーの声をお届けしましたが、今回はGT300の4名。
GAINERから参戦する、平中選手、安田選手、星野選手、吉田選手です。

まずは、エースナンバーの「11」を背負って戦う平中選手と安田選手。長年GAINERチームで戦っている平中選手ですが、NISSAN GT-R NISMO GT3で戦うのは初めてになります。

「平中選手と組むのは初めてなんですけど、実は昔全日本カートで戦ってた時代があるんです」と安田選手。
「でも、平中選手はすぐにメーカーのスカラシップに受かったので、1~2年しか一緒に走ってないんですよね」と懐かしいつながりを教えてくれました。

「共通で組んでいたことのあるドライバーから、すごくいいイメージを聞いていて、実際その通りでした。テストでもちゃんと乗る時間を考えてくれるし、本当にいい人です」

一方の平中選手も、ドライバー仲間から安田選手のことをいろいろ聞いていたそうです。「チャンピオン候補みたいな感じで(安田選手の評判を)聞いていました。まだテストも始まったばかりなので長い時間一緒に仕事はしていないですが、すごくやりやすいですね」と好印象。

気になる2018年型GT-R GT3ですが、「すごくバランスがいいなっていうのが第一印象なので、そういう意味では全コースでそこまで外すことなくレースができるのかなと感じました。チャンピオンシップを考えると開幕戦は落としたくないなっていう気がしています」という平中選手。
一方の安田選手も新型マシンのポテンシャルを感じつつも、「他のGT3車両やGT300マシンの経験がないので、他と比べてどうこうというのが言えない。やってみないと分からないというのが正直な気持ちです」と慎重な様子を見せました。

「GAINERで戦って長いですが、まだダブルタイトルは獲れていません。長年使ってきたマシンからGT-Rにスイッチしたということは、チームとしても今年にかける思いは強いです。その気持ちを形にして、チャンピオンを獲りたいという気持ちは、僕自身もすごく強いです」と平中選手は今年にかける思いを教えてくれました。

安田選手も、「GT300クラスは10年ぶりですが、チームメイトは速いし、GAINERもすごくいい仕事をするチーム。小さいミスなどで取りこぼしのないように、焦らずにいい仕事を続ければ必ずチャンピオンを獲れると思います。すべてのレースでいい仕事ができるようにしたいです」と意気込みを語ってくれました。

10号車のドライバー、星野一樹選手と吉田広樹選手は、スーパー耐久などでは一緒に戦ったことのある仲です。

星野選手から見た吉田選手は「とぼけながらの努力家」なんだとか。
「よくとぼけたようなことをすることもあるけど、すごく努力家。入門カテゴリーをやっているころから知っていますが、たとえば上位を走れずにそのチームで戦うことができなくなっても、違う場所ですごく頑張ってまた同じ舞台に戻ってきたり、ステップアップしたり。そういう努力を繰り返してやってきているから、いまGTで活躍しているドライバーですね」

一方の吉田選手は、「速いのはもちろんですが、気持ちの強さやクルマについてすごく詳しいところとか、見習いたいところがたくさんあります。“ここで前に出ないと”っていう勝負所での強さや、セッティングを詰めていく的確さとスピードっていう部分を、今年一緒に走らせてもらう間に身につけたいです」とチームメイトへの印象を話してくれました。

昨年からGAINERというチームで戦っている吉田選手に対し、星野選手はチーム移籍をした形になりますが、「GAINERは常に上位を走っているイメージで、去年まではライバルとしてすごく尊敬していたチームです。常に高いレベルで走れるというのは、技術的なことはもちろんトータルバランスが優れていないとできないこと。すべてが揃っている、プロフェッショナルなチームですね」とチームに対してもとてもポジティブな印象のようです。

「やっぱり開幕戦からセンセーショナルなデビューをしたいですよね。いつだってGT-Rは、すごいデビューをしているので、まずは開幕戦に全力投球して勝つ。それぐらいの気持ちでいます」と、使命感にも似た決意を語ってくれた星野選手。吉田選手も「個人的に得意なのは、昔からたくさん走ってきた鈴鹿。それとSUGOも好きです。でもクルマの合う合わないでいうと、富士でもいいレースができるんじゃないかなって期待しています」と、今シーズンの抱負を教えてくれました。

前回と今回、2回に分けてGTドライバー12名の意気込みをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
今週末は鈴鹿で行われるモータースポーツファン感謝デーで、GT500のマシンがデモランを行うことが予定されています。日産からは、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが登場の予定ですので、ぜひ鈴鹿サーキットに足を運んでみてくださいね!

>前の記事へ