NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

日産のモータースポーツ、海外でも活躍してます・その3

2018.04.27 Fri

海外シリーズ第3弾は、NISSAN GT-R NISMO GT3が活躍するあのカテゴリーです。


海外での日産のモータースポーツ活動をご紹介する、第3弾。
先週末に行われたブランパンGTシリーズです。
2018年、新しくなったNISSN GT-R NISMO GT3は、SUPER GTのGT300クラスと、ブランパンGTシリーズ、そしてブランパンGTシリーズアジアに参戦しています。
ブランパンGTシリーズは、スプリントレースと耐久レースを合わせて、計10戦。そのうち、NISSAN GT-R NISMO GT3が参戦するのは耐久レースの5戦です。カレンダーの中には、2015年に日産が初優勝したポールリカール大会や、スパ24時間レースなども含まれています。
先週末、シリーズとしては第2戦、耐久レースとしては初戦となるモンツァでの大会が行われました。

#23 GT-Rは、日本のSUPER GTや全日本F3選手権にも参戦経験のあるルーカス・オルドネス選手と、アレックス・バンコム選手、マット・パリー選手がチームを組んでエントリー。

#22 GT-Rは、リカルド・サンチェス選手、ストゥルアン・ムーア選手、ジョルダン・ウィット選手が、シルバーカップに出場します。

3回のセッションの平均タイムで決まる予選結果は、#23 GT-Rが総合10位、#22 GT-Rはクラス8位となりました。

決勝は3時間の耐久レース。スタート前にトラブルが見つかり、#23 GT-Rはピットスタートとなりましたが、開始から1時間で総合19位まで猛烈に追い上げました。今大会のエントリーは全部で53台。30台以上をオーバーテイクです。

残念ながらレース中に再びトラブルに見舞われてしまい、最終結果は総合42位となりました。また#22 GT-Rにもトラブルが遅い、開幕戦はリタイアとなりました。

一方、SUPER GT開幕戦の翌週には、ブランパンGTシリーズアジアも開催されました。こちらはマレーシアやタイ、中国、日本などを回るシリーズで、こちらにも2018年型のNISSN GT-R NISMO GT3がエントリーしています。

開幕戦には、SUPER GT開幕戦を終えてすぐにマレーシアへと移動した松田選手が参戦。

週末に2レースが行われ、それぞれクラス6位、4位という結果になりました。

レポート
ブランパンGTシリーズアジア開幕戦で18年型GT3がデビュー

ここまで、3回に分けて海外での日産のモータースポーツ活動をご紹介してきました。
毎週、どこかで、日産のマシンが戦っています。
今週末はスーパー耐久第2戦がスポーツランドSUGOで開催。来週はSUPER GT第2戦富士大会です。
日本だけでなく、世界各国で戦う日産のモータースポーツ活動に、応援よろしくお願いします!

>前の記事へ