NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

NISSAN GT-R、好相性の富士で今シーズン1勝目!

2018.05.09 Wed

GT-Rが、得意の富士で強さを発揮!


ゴールデンウィークが終わってしまいました…。
が、そのゴールデンウィークと言えば、SUPER GT 富士レース!
富士と相性のいいGT-Rが、素晴らしいレースを見せてくれました。

<予選日>
前日の夜半から雨と風が強まり、予選日の明け方には暴風雨となった富士周辺。オープンピットの時には雨は弱まっていましたが、雲が立ち込めていて…。
さらに、併催レースの予選で水しぶきが舞い上がり、それが霧となってしまいました。SUPER GTの公式練習が始まる時間になっても、コース上は真っ白。

結局、午前中のセッションはすべて中止になり、午後一番に、30分という短い時間で練習走行が行われました。
ここで、#23 MOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムをマーク!

公式予選も、Q1・Q2のノックアウト方式ではなく、20分間の一発勝負になりました。#23 GT-Rはロニー選手が、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは千代選手が、#12 カルソニック IMPUL GT-Rはマーデンボロー選手が、そして#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rはオリベイラ選手がアタックドライバーです。

ロニー選手と言えば、富士で神がかったスーパーアタックを何度も見せてくれていますが、今回も攻めの走りを披露!「気持ちとクルマのバランスがぴったりではなかった」と、アタック後にコメントしていたように、残念ながらトップタイムにはわずかに届きませんでしたが、3番グリッドをゲットです。#3 GT-Rも7番手と表彰台を狙える位置。#12 GT-Rと#24 GT-Rは後方からの追い上げに期待です。

GT300クラスは、#11 GAINER TANAX GT-Rの8位が最上位グリッド。#10 GAINER TANAX triple a GT-Rが真後ろに並ぶことになりました。

<決勝日>
昨日までの天気が嘘のような、いいお天気に恵まれた決勝日。グランドスタンドも満員で、なんと5万5000人のお客さまが富士スピードウェイに集まりました!

3番グリッドスタートの#23 GT-Rは、スタートダッシュで一気にトップ浮上!その後、いったんは2番手に後退しますが、大きく離されることなくついていきます。そして、2度目のピット作業で堂々の首位返り咲き!

最終スティントを担当したロニー選手も、ぐいぐいと2番手を引き離し、10秒近い差をつけてトップチェッカー。NISSAN GT-R、今季初優勝です。

#12 GT-Rも6位まで挽回。#3 GT-Rも10位でフィニッシュし、3台のGT-Rがポイントを獲得しました。

GT300クラスも、ドラマチックな展開でした。
#11 GT-Rはスタート直後に他の車両と接触があり、なんとほぼ最後尾まで後退してしまいます。GT300クラスは全部で29台。ここから元の順位に戻すだけでも、19台をオーバーテイクしなければいけません。

#11 GT-R、それをやってのけました!しかも、レースの折り返し地点を迎えるころには、表彰台まであと少しの5位までポジションアップ。ピット戦略もバッチリとはまり、3位表彰台を獲得しました!

GT500クラス決勝レポート
MOTUL AUTECH GT-Rが今シーズン初優勝
GT300クラス決勝レポート
#11 GAINER TANAX GT-Rが怒涛の追い上げで3位表彰台へ

予選ハイライト
Super GT 2018 Rd.2(Fuji) Qualify Day Digest

決勝ハイライト
First Victory for Nissan GT-R !
Super GT 2018 Rd.2(Fuji) Race Day Digest

>前の記事へ