NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

今年の鈴鹿は、300km! SUPER GT第3戦@鈴鹿サーキット

2018.05.16 Wed

今年の鈴鹿は、300km!SPUER GT第3戦@鈴鹿サーキット


先日、ゴールデンウィークの富士大会が終わりましたが、2週間のインターバルで、今回は鈴鹿大会です。

GTの鈴鹿戦は、シリーズ最長の距離である1000km耐久レース、様々なドラマを生んできました。

今季からは、SUPER の鈴鹿戦は初夏の開催となり、300kmのスプリント~セミ耐久レースになります。この距離で戦うのは、2010年の開幕戦以来。当時は、鈴鹿では2回GTレースが行われていたんです。

GT-Rは、もともと鈴鹿を得意としているマシン。さらに、前戦富士で優勝し最大ウェイトを積んで鈴鹿に挑むNISMOは、ミシュランタイヤという武器に自信を持っています。

NISMO 鈴木豊監督プレビュー
「一番重いハンデで挑みますが、NISMOらしいレースをしたいと思っています」

また、NDDP RACING with B-MAXも、GT500でのレースを2つ終えて、そろそろ上位争いに食い込んでいきたいところです。

NDDP RACING with B-MAX 長谷見監督プレビュー
「完全なスプリントレースになる鈴鹿。予選が重要です」

もちろん、富士でアグレッシブなオーバーテイクを見せてくれたTEAM IMPULや、KONDO RACINGの巻き返しにも期待!

またGT300では、鈴鹿をホームコースとするGAINERチームにも注目です。富士大会では、#11 GAINER TANAX GT-Rが2018年型NISSAN GT-R NISMO GT3の初表彰台を獲得。まだウェイトの軽い#10 GAINER TANAX triple a GT-Rは、この鈴鹿大会を狙っています。

1000kmで慣れ親しんでいる鈴鹿。300kmのレースは、いつも以上にあっという間に感じるかもしれませんね。その分、一瞬たりとも目が離せないレースにもなるはず。日産勢への応援、よろしくお願いします!

>前の記事へ