NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GT第4戦で、2018年型NISSAN GT-R NISMO GT3が初優勝!

2018.07.04 Wed

第2戦で表彰台、そして第4戦でその真ん中に上がりました!


SUPER GT第4戦タイラウンドは、まさに南国といった暑さの中で激しい戦いが繰り広げられました。そのなかで、GT300クラスの#11 GAINER TANAX GT-Rが優勝!2018年型NISSAN GT-R GT3に初めての勝利をもたらしました。

<公式予選>
昨年のタイラウンドを翻弄したスコールが、今回も予選直前にサーキットにやってきました。
しかも雨自体はセッション前にやんでいて、走れば走るほど路面状況が回復していくため、ベストなタイミングでアタックに入るのが非常に難しい予選になりました。

そんななか、GT500では、Q1で#12 カルソニック IMPUL GT-Rの佐々木選手がトップタイム!そして#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rの高星選手が0.086秒差で2位につけました。#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは本山選手が9番手で惜しくもQ2進出を逃しました。#23 MOTUL AUTECH GT-Rも、松田選手がいち早い判断でスリックタイヤに履き替えてウォームアップを重ねるも、アタックのタイミングが他のマシンと交錯し、15番手に。#24 GT-Rは最終的に4番グリッド、#12 GT-Rは7番グリッドとなりました。

GT300クラスは、#11 GT-Rが4番グリッドをゲットです。

<決勝日>
決勝レースは終始ドライコンディション!各チーム、スコールに備えてスリックタイヤ・ウェットタイヤの両方を準備していましたが、上空に積乱雲が生まれてはいくものの、1滴も雨が落ちることなく66周のレースが行われました。
(レース終了後、各チームが撤収中にものすごいスコールに見舞われ、サーキット内が一部停電になってしまいましたが…)
GT500クラスは、スタートからチェッカーまでいたるところでバトルが勃発。4番手スタートの#24 GT-Rと7番手スタートの#12 GT-Rは、10周を過ぎたころからテールトゥノーズの戦いになりました。

一瞬も目を離せない戦いが、10周以上にわたって続きましたが、23周目に2台は並んで1コーナーへ。わずかに接触し、コースの外側に位置取っていた#24 GT-Rは挙動を乱し、コースアウトしてしまいました。
なんとか体勢を立て直した#12 GT-Rもマシンにダメージを負いましたが、懸命にポジションをキープ。日産勢最上位の6位でフィニッシュしました。

#3 GT-Rと#23 GT-Rの2台は、タイヤ無交換を敢行!ピット作業の時間を大幅に短縮し、順位を上げる作戦です。チャーン・インターナショナル・サーキットは比較的タイヤを消耗しづらいサーキットだといわれていて、2台とも一時はポイント圏内まで上がりましたが、やはり66周は長く、最終的に#23 GT-Rは12位、#3 GT-Rは13位でチェッカーを受けました。今シーズン、初めてノーポイントとなってしまった#23 GT-Rですが、ランキングではトップと3ポイント差の3位。まわりもウェイトハンディが厳しくなってきた、後半戦が勝負です。

GT300クラスは、#11 GT-Rが今シーズン初優勝を飾りました。2018年型のNISSAN GT-R NISMO GT3、初優勝です。

GT300クラスは車種も多く、またドライバーの組み合わせなどによってピット作業のタイミングが非常に幅広いため、「実質、いまどのあたりの順位を走っているのか」を把握するのが難しいレースになることが多く、#11 GT-Rも速めにピットに入ったため、レースの中盤まではこの結果を予想できない順位を走っていました。しかし他のマシンがピット作業に入るたびにじわじわとタイミングモニターでの位置が上がり、43周目に首位浮上!トップチェッカーを受けました。

GT500クラス決勝レポート
シーズン折り返しの第4戦で、カルソニックIMPUL GT-Rが6位入賞
GT300クラス決勝レポート
GAINER TANAX GT-Rが優勝、NISSAN GT-R NISMO GT3 2018年モデルに初勝利をもたらす

予選日ダイジェスト

決勝日ダイジェスト

>前の記事へ