NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

最終戦を待たずに、タイトル確定!!

2018.09.28 Fri

スーパー耐久第5戦@もてぎ、タイトル確定!


先週末、ツインリンクもてぎでスーパー耐久シリーズの第5戦が行われました。
スーパー耐久では8つのクラスに計50台近くのマシンが参戦。NISSAN GT-R NISMO GT3はST-Xクラスで、今大会には3台がエントリーしました。その中で、最も注目を集めていたのは#99 Y’s distraction GTNET GT-R。

第4戦終了時点でランキング2位の#24 スリーボンド 日産自動車大学校 GT-Rと40点差をつけており、もてぎ大会で4位までに入れば、ライバルたちの結果によらず今シーズンのタイトルを決めることができます。

予選までのセッションはすべて雨。予選でようやく路面が乾き、ドライコンディションでのぶっつけ本番勝負に!
ちなみに、スーパー耐久ではSUPER GTと違い、AドライバーとBドライバーの予選タイムを合算して予選順位を決定します。#24 GT-Rは、Aドライバーの内田選手がまずはセッショントップタイムを記録。Bドライバーのセッションでは、#3 ENDLESS GT-Rの山内選手がトップタイムを奪い、#24 GT-Rの藤井選手は3番手となりましたが、合算タイムで#24 GT-Rがポールポジションを獲得!

Aドライバー予選2位、Bドライバー予選4位の#99 GT-Rは、3番グリッド獲得です。#3 GT-Rは、その隣、4番グリッドを手に入れました。

一夜明けた決勝日も、どんよりとした雲は立ち込めていたものの終始ドライコンディション。お天気に水を差されることなく、決勝レースが行われました。

レース序盤は、3台のGT-Rが上位を独占。しかし、レースの折り返し地点を前に、トップを快走していた#24 GT-Rにトラブルが発生し、ピットに戻ることに。幸い、短時間でレースに復帰はできたものの、トップとは大きな差が開いてしまいました。

残る2台、#3 GT-Rと#99 GT-Rが中盤までトップ争いを演じましたが、最終スティントでは#83 アウディR8にその座を譲ることに。しかし、残り数分のところでトップに立っていた#83 アウディR8にペナルティストップが出され、その間に#3 GT-Rが再び先頭へ!そのままチェッカーフラッグが降られ、#3 GT-Rがうれしい今季初優勝を飾りました。

#99 GT-Rはフィニッシュドライバーを務めた藤波選手が3番手でチェッカーを受け、タイトル確定!#99 GT-Rにとっては2014年以来の戴冠となりました。

レポートはこちら

>前の記事へ