NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

ブランパンGTシリーズ アジア、GT-Rがクラス2位に

2018.10.30 Tue

海外シリーズも、シーズンエンドを迎え始めています。

2週間前になりますが、ブランパンGTシリーズ アジアのシリーズ最終戦が中国の寧波インターナーショナル・スピードパークで開催されました。

このシリーズには、日産/NISMOのGT3オフィシャルパートナーであるKCMGから、2台のNISSAN GT-R NISMO GT3が参戦しています。開幕大会、第2大会には松田次生選手がプロ/アマクラスにエントリー。タイ・ブリーラムで行われた第2大会で、2戦連続で暮らす表彰台を獲得しました。

第3、第4大会は日本で開催。富士スピードウェイで行われた第4大会では、アレックス・インペラトーリ選手とYuke Tanigucchi選手が総合優勝を飾りました。

上海で行われた第5大会の結果により、Yuke Tanigucchi選手はクラストップと10点差の2位で最終大会に挑むことに。中国・寧波のサーキットで行われた最終大会は、2レースともにセーフティカーが出動する荒れた展開になりましたが、インペラトーリ選手とTaniguchi選手がドライブする#18 GT-Rは、その混戦を潜り抜け、第1レース(第11戦)でクラス2位、第2レース(第12戦)でクラス3位となりました。

この結果により、ドライバーズランキングでTaniguchi選手がクラス2位となりました。

ブランパンGTシリーズ アジアのシリーズ戦は終了しましたが、11月18日にマカオで開催されるFIA GTワールドカップにKCMGが参戦します。ドライバーは松田選手。本人にとって1999年にF3で参戦して以来のマカオとなります。SUPER GT最終戦の翌週です。こちらもぜひ応援をお願いします。