NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

スーパー耐久シリーズ最終戦、NISSAN GT-R NISMO GT3が1-2フィニッシュ!

2018.11.06 Tue

スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが、有終の美を飾りました。

岡山国際サーキットで開催された、スーパー耐久シリーズの最終戦。NISSAN GT-R NISMO GT3の参戦するST-Xクラスには、全部で8台のエントリーが集まりました。
S耐には全部で8つもクラス分けがあり、今回はそのうちの6クラスで1レース(Gr-1)、2クラスで1レース(Gr-2)が行われることに。ST-XはGr-1での戦いとなりました。

最終戦までウェイトハンディが搭載されるS耐で、ランキング上位につけている3台のGT-Rはそれぞれ大量のウェイトを積んだ状態で予選に。結果、#24 スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが4位、#3 ENDLESS GT-Rが5位、#99 Y’s distraction GTNET GT-Rが6位という位置から決勝レースをスタートすることになりました。

決勝日は晴天。今回は、日産自動車大学校・京都校の学生を中心にレースに向かう#24 GT-R。グランドスタンドにも、たくさんの学生が集まりました。
ST-Xクラスは、スタート直後に上位陣の2台が後退、GT-R勢は順調なスタートを切ってそれぞれ2ポジションアップに成功します。#24 GT-Rは、1回目のピットストップを終えてトップに。このピット作業でガソリンの給油量を減らし、2回目のピット作業で増やすという作戦に出たことで、2番手以降に大きなリードを築きました。

2度目のピットインを終えて、#24 GT-Rは再びトップに。この時、2位を走っていたのは#3 GT-Rでしたが、レース終盤に#99 GT-Rがハイペースで追い上げ、2台の順位が入れ替わりました。

レースは115周でチェッカー。これが「スーパー耐久卒業レース」だった#24 GT-Rがトップでチェッカーをくぐり、今季2勝目となりました。
#99 GT-Rが2位に入り、NISSAN GT-R NISMO GT3が1-2フィニッシュで今シーズンのスーパー耐久は幕を閉じました。

レースレポート
スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが今季2勝目
S耐最後のレースを優勝で飾る

>前の記事へ