NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

フォーミュラE第2戦の地で、ルーキーテストを開催

2019.01.23 Wed

北アフリカのモロッコ・マラケシュでルーキーテストが開催され、高星明誠選手とヤン・マーデンボロー選手が参加しました。


フォーミュラE第2戦が終わった翌日。同じマラケシュの市街地コースを舞台に、公式のルーキーテストが行われました。これは、フォーミュラEの本戦に出場した経験のないドライバーが対象。日産e.damsチームからは、リザーブドライバー兼テストドライバーの高星選手と、公式シミュレータードライバーのマーデンボロー選手が参加しました。

マーデンボロー選手は、前日にセバスチャン・ブエミ選手がドライブし8位に入賞した23号車を担当。トップと同じ1分17秒台のタイムで総合5番手になりました。

「フォーミュラEマシンのドライブは本当に楽しかった!もっといいタイムを出せたとも思うけれど、次のレースがすぐに行われるから、それに向けてマシンを壊さないことを意識したんだ。」とマーデンボロー選手。

一方、22号車を担当した高星選手は、2017/2018シーズンのルーキーテストに一度参加しており、フォーミュラEに乗るのはこれで2度目(NISMO FESTIVALのデモランを含めると3回目)。前回のテストでドライブした“Gen1”のマシンと、現在使われている“Gen2”のマシンとの違いについて「ブレーキやタイヤなど、いろいろな部分で性能が上がっていることを感じました」とコメント。“Gen2”のマシンを学べた、いいテストになったようです。

マーデンボロー選手のコメントにもあるように、フォーミュラEの第3戦は今週末に行われます。
次回のブログでは、フォーミュラE第3戦についてご紹介します。

フォーミュラE公式ルーキーテストレポート
マラケシュePrixのルーキーテストに高星とマーデンボローが参加

>前の記事へ