NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

フォーミュラE第10戦、ブエミ選手が待望の表彰台!

2019.05.31 Fri

日産e.damsチームとしては、3度目の表彰台獲得です。

先週末、国内ではSUPER GTで盛り上がっていましたが、ドイツのベルリンではフォーミュラE選手権が開催されていました。年間13戦で争われる今シーズンのフォーミュラEも、もう終盤に入りました。ここまで、フォーミュラEルーキードライバーのオリバー・ローランド選手が2回表彰台を獲得する一方で、ブエミ選手は第3戦でポールポジションを、第7戦でファステストラップ(レース中の最速タイム)を獲得していましたが、不運に見舞われることもあって、表彰台に届かないレースが続いていました。

ベルリンE-Prixの舞台は、テンペルホーフ空港という2008年に閉鎖された空港の跡地。ブエミ選手は過去に2年連続でベルリンE-Prixを制しています。

まずはグループ予選を、トップとほんの僅か1000分の2秒差の2位で突破し、上位6人が順にタイムアタックしていくスーパーポールシュートアウトに進出しました。日産e.damsはここまで全戦でスーパーポールシュートアウトに進出している唯一のチームです。

そのスーパーポールシュートアウトでは、先ほど僅差で敗れた相手に対して0.4秒近い大きな差をつけてトップタイムを記録。今シーズン、ブエミ選手は2度目のポールポジションを獲得しました。

いよいよ決勝。ブエミ選手は序盤、ポジションをキープしてレースを引っ張っていきます。5周目にトップを奪われ、さらに18周目にはもう1台の先行を許し3番手に後退しますが、ファンブーストが加わったアタックモードを巧みに使って2位を取り戻し、チェッカーを受けました。待望の表彰台獲得です。

「ようやく表彰台に上がることができてとてもうれしい!チームの努力に報いることができたよ」とブエミ選手。次戦の舞台となるスイスはブエミ選手の故郷。ホームレースに向けて弾みを付けました。

ここまで安定して上位のリザルトを記録していたローランド選手は、今大会は少し苦戦の予選12位。しかし決勝レースで挽回し8位入賞という結果に。チームとしては2戦連続でダブル入賞を果たし、チームランキングで4位につけました。ランキング3位のチームとの差は13ポイント。次戦で逆転する可能性もあります。ドライバーズランキングでも、両方のドライバーがトップ10に入っています。

詳しいレポートはこちら
日産e.dams、今季3度目の表彰台獲得

次戦は6月22日(土)。ブエミ選手の故郷、スイスで行われる第11戦です。これでヨーロッパラウンドが終了し、いよいよ最終のニューヨーク大会となります。次戦も日産e.damsの走りにご期待ください。

【レース】 #フォーミュラE ベルリン戦で今季3度目の表彰台獲得!

>前の記事へ