NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

日産、フォーミュラEデビューシーズンに初勝利!

2019.07.17 Wed

シーズンの最終大会で、ついに初勝利を飾りました!

ニューヨークのブルックリンで開催された、フォーミュラE選手権最終大会。第12戦と第13戦のダブルヘッダーとなった今大会、第12戦で日産e.damsチームのセバスチャン・ブエミ選手がポールトゥウィンを達成。今シーズンがフォーミュラEの参戦初年度となる日産に初勝利をもたらしました!

ブエミ選手は、グループ予選を2位と0.412秒の大差をつけた最速タイムで通過し、スーパーポールシュートアウトでポールポジションを獲得。決勝レースでは、2位のマシンに迫られる場面もありましたが、これまでフォーミュラEで12勝している彼自身のパフォーマンスを発揮し、後方からの追撃をしのぎました。ブエミ選手にとっては13度目のトップチェッカー。日産にとっては、初めてのフォーミュラEでのトップチェッカーです!

「前回の勝利から2年以上かかりました(ブエミ選手の前回の勝利は、2016-2017シーズンの第8戦)。エネルギーマネジメントはうまくいって、セーフティカーにも助けられましたね。チームの皆さんに感謝しています」とブエミ選手。日産のグローバルモータースポーツダイレクター、マイケル・カルカモも「日産が表彰台の頂点に立ったことは、生涯忘れられない出来事になるでしょう。日産、e.dams、そしてNISMOの誰もが驚くべき努力を重ねてきました。本当にうれしいです」と、スタッフ全員の努力をたたえました。

翌日の第13戦でも、ブエミ選手はスーパーポールシュートアウトに進出し、3番グリッドを獲得。決勝レースではスタートで2位に上がり、その後3位に戻ってチェッカー。表彰台獲得で今シーズンを締めくくりました。
終わってみれば、日産e.damsチームはポールポジション6回、全戦スーパーポールシュートアウト進出、表彰台獲得7回、うち優勝1回という素晴らしい成績でデビューイヤーを終えました。シーズンを通してのたくさんの応援、本当にありがとうございました!

>前の記事へ