NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

800kmのロングレースで、GT-Rが表彰台獲得

2019.08.06 Tue

暑く、長い戦いでした。応援ありがとうございました。

SUPER GTシリーズ最長となる、第5戦「FUJI GT 500mile RACE」が先週末開催されました。

8月に入った富士スピードウェイは、富士山のふもとで標高がいくらか高いため、夜は少し涼しさが感じられましたが、連日30℃を超える暑さ!雨はほとんど降らず、ドライコンディションで予選も決勝も行われました。

日産勢は、GT500で#23 MOTUL AUTECH GT-Rが今季3度目のポールポジションを獲得!
49kgと重いウェイトを積みながらも、まずは松田次生選手がQ1をトップタイムで通過します。バトンを受け取ったロニー・クインタレッリ選手は、得意な富士で圧巻のアタックを披露。トップタイムをたたき出しました。

フロントローには、#23 GT-Rと同じミシュランタイヤを装着する#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rが入りました。Q2でアタックを担当した平手選手は、「最後のアタックがちゃんと走れていればトップタイムを獲れたと思います」と非常に悔しそうな表情を見せました。実は、セッションが終了する直前に1台の車両がクラッシュしてしまったために赤旗が提示され、そのまま予選が終了してしまったのです。平手選手がアタックしていたのはまさにその時で、思わず「クルマの中で叫んだ」そう。悔しい結果ではありますが、GT-Rがスターティンググリッドの最前列を占めました。#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rは予選6位、#12 カルソニック IMPUL GT-Rは予選12位でした。

GT300クラスでは、#360 RUNUP RIVAUX GT-Rが自己最高位となる予選3位!第4戦タイで優勝を飾った#10 GAINER TANAX triple a GT-Rが、ウェイトハンディを背負いながら予選5位につけました。

決勝日も、非常に暑い1日でした……。
30℃を超える気温はもちろんのこと、路面温度はなんと50℃!アスファルトの照り返しも強かったです。

そんなタフなコンディションの中でスタートした、500マイル、177周の決勝レース。序盤は#23 GT-Rと#3 GT-Rがリードを広げていく静かなレース展開でしたが、3分の1を過ぎたころから少しずつ、動きを見せ始めました。

今回の決勝レース中、義務付けされているピット作業は4回。2回目のピット作業を各車が終えるころに、GT500クラスの車両がクラッシュし、セーフティカーが導入されました。レース再開後、集団の混戦で他車との接触があった#3 GT-Rが後退。#23 GT-Rはトップにとどまり、さらにレースを引っ張っていきます。

周回数も100周を超え、徐々に日も傾き始めます。ここから後半戦というところで、#24 GT-Rにマシントラブルが発生し、ストップ。車両回収のために2度目のセーフティカーが導入されました。

セーフティカーが導入され、隊列を作ってゆっくりと走行している間は、ピットに入って作業することが禁止され、ピットロードもクローズされます。セーフティカーの導入が提示され、まさにピットロードがクローズされるというその瞬間、#23 GT-Rの後方を走っていた1台の車両がピットに向かいました。GT-Rを含む、他の車両がセーフティカー先導のもとでゆっくり走っている間にピット作業を済ませたこの1台は、コースに復帰すると、隊列の後ろに並びます。#23 GT-Rたち他の車両は、レースが再開してからピット作業を行わなければならず、この1台が大きくリードを築くことに。レースが再開し、すべての車両がピット作業を済ませた時には、#23 GT-Rは3位になっていました。

最終スティントもプッシュを続けましたが、相手のリードは大きく、再びトップに戻ることはかないませんでした。しかし、第3戦鈴鹿、第4戦タイと悔しい結果に終わっていた#23 GT-Rが3位表彰台を獲得しました。

#12 GT-Rが粘り強い走りで5位入賞。#3 GT-Rは途中でマシントラブルが発生し、修復作業を行ったために11位となりました。

GT300クラスは、#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが7位入賞となりました。

第5戦を終了して#23 GT-Rはドライバーズランキングで3位に、GT300クラスでも#56 GT-Rが2位につけています。第6戦オートポリスも、応援よろしくお願いします!

決勝レポート
「MOTUL AUTECH GT-R、シーズン最長レースで3位表彰台」
「#56リアライズ日産自動車大学校GT-Rが7位でゴール」

【決勝ダイジェスト】

前の記事へ