NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

日産モータースポーツファンイベント、ありがとうございました!

2020.02.26 Wed

あいにくのお天気でしたが、モータースポーツファンの皆さん、日産ファンの皆さんがたくさん集まってくださいました。

2月16日(日)、日産グローバル本社ギャラリーにおいて、2020年のモータースポーツ活動概要の発表と、日産モータースポーツファンイベントを開催しました。1月に開催された東京オートサロン2020で、GT500クラスのドライバーラインナップを発表しましたが、今回はニスモ片桐CEOから、GT500クラスのチーム体制やマシンカラーリング、協賛各社様をアナウンスしました。加えて、NISSAN GT-R NISMO GT3を使用して国内外のカテゴリーにエントリーするチーム等も発表しました。また当日は、SUPER GT参戦ドライバーと監督が登場し、トークショーを行いました。

GT500クラスのトークショーはチームごとにドライバーと監督が登場するスタイル。
まずは、NDDP RACING with B-MAXの田中利和監督、平手晃平選手、千代勝正選手の3人がステージに上がりました。昨年は海外のGT3レースをメインに戦ってきた千代選手がGT500クラスに復帰。平手選手とはこれまであまり接点がなく、当然組むのも初めてなのですが、年齢が近いこともあり、いい雰囲気でチームワークを築いていっている様子。
また、過去にイタリアでレースを戦っていたことのある平手選手がイタリア語を披露する場面も!
控室で今年の意気込みをサインと共に書いていただきましたが、「まずは1勝!」「いや2勝!!」「いやいや3勝!!!」と、すでに意欲的なチームの雰囲気を感じられる意気込みをいただきました。

続いては、TEAM IMPULの星野一義監督、佐々木大樹選手、そしてGT300クラスからステップアップした平峰一貴選手が登場です。継続となった「カルソニックブルー」が似合っていますね。ドライバーの2人は同い年。小さいころからカートレースなどでしのぎを削った仲なのだそうです。「平峰選手の加入は心強いです」と佐々木選手。
TEAM IMPULの皆さんにも、今年の目標をいただきました。

3組目は、NISMOの鈴木豊監督、松田次生選手、ロニー・クインタレッリ選手です。
松田選手とロニー選手はNISMOでコンビ7年目(2010年にTEAM IMPULでも組んでいるので、実質8年目!)。「もう言葉を交わさずとも大体わかる」というお二人です。鈴木監督も就任12年目。他メーカーも含め、SUPER GT全チームの中でも抜群の安定感を誇っています。

最後は、KONDO RACING。ヤン・マーデンボロー選手が欠席のため、近藤真彦監督と高星明誠選手が登壇しました。悩みすぎるほどに真面目なマーデンボロー選手と、気持ちの切り替えの上手い高星選手、結成2年目のコンビです。高星選手はKONDO RACINGとしてニュルブルクリンク24時間レースにも出場します。ニュルブルクリンク優勝も掲げ、1年間戦っていきます。

チームごとのトークショーを終えて、GT500クラスのドライバーと監督、そして松村基宏総監督もそろいました。「各チームはライバルであることはもちろん、力を合わせて日産の勝利を目指して頑張ります」と、松村総監督からも力強い意気込みが聞けました。

GT500パートが終わり、続いてはNISSAN GT-R NISMO GT3をドライブするカスタマーレーシングのコーナーへ。
SUPER GT GT300クラスには、GAINERから星野一樹選手、石川京侍選手、平中克幸選手、安田裕信選手が続投。昨年からGT300クラスに参戦を開始したKONDO RACINGは、藤波清斗選手とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手という、日産ファンにとってはお馴染みながら、コンビとしては新鮮な組み合わせとなりました。

また、ニュルブルクリンク24時間レースに挑戦するKONDO RACINGと、ニスモパフォーマンスセンター(NPC)のテクニカルスタッフ、SUPER GTでKONDO RACINGのスタッフと共に戦っていく日産自動車大学校の学生が登壇し、レースの現場で学べることなどをテーマにトークショーが行われました。NPCテクニカルスタッフ、日産自動車大学校の学生さんたちは、KONDO RACINGのメカニックたちと一緒に、リアライズ日産自動車大学校GT-Rでタイヤ交換デモンストレーションも実施。サーキットとは違う雰囲気で大きなプレッシャーのかかる中、タイヤ交換を行っていました。
ニュルブルクリンク24時間レースに参戦するドライバーが勢ぞろいしたトークショーでは、昨年初出場した感想や、2年目の挑戦となる今年の意気込みなどが聞けました。

盛りだくさんの内容となった今回の日産モータースポーツファンイベント。イベントの模様はLIVEでも配信されていたので、ギャラリーにお越しいただけなかった方にも楽しんでいただけたかと思います。
今回登場したチームやドライバーたちは、活動概要でご紹介した布陣で、今年も日産/ニスモは国内外の様々なレースを戦っていきます。
ぜひ今シーズンも、日産のモータースポーツ活動に、熱く、温かい応援をよろしくお願いします!

【日産のモータースポーツファンイベント】

>前の記事へ