NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

2020年 スーパー耐久シリーズの展望

2020.03.18 Wed

今日は、今シーズンのスーパー耐久シリーズについて、スケジュールやエントリーなどをご紹介します。

(2019年第2戦時の写真)

3月14日(土)、15日(日)と、岡山国際サーキットでSUPER GTの公式テストが行われました。
例年、ファン感謝デーが併催され、たくさんのモータースポーツファンでにぎわうイベントですが、今年は新型コロナウイルスの影響を考慮し、無観客で開催。スタンドやコースサイドにお客さまがいない、異例の景色となりましたが、そんな中でも日産陣営の各チームは精力的にテスト走行を行ってきました。

新型コロナウイルスの感染拡大は、他の国内モータースポーツにも影響を及ぼしています。
今週末、3月21日(土)、22日(日)には、スーパー耐久シリーズの開幕戦・鈴鹿大会が開催される予定でしたが、11月21日(土)、22日(日)へとスケジュールが変更になりました。これにより、4月25日(土)、26日(日)のSUGO大会が今シーズンのスーパー耐久1レース目となります。

<2020スーパー耐久シリーズ日程>※3月18日時点
4月25日(土)、26日(日):スポーツランドSUGO
6月5日(金)~7日(日):富士スピードウェイ
8月1日(土)、2日(日):オートポリス
9月19日(土)、20日(日):ツインリンクもてぎ
10月31日(土)、11月1日(日):岡山国際サーキット
11月21日(土)、22日(日):鈴鹿サーキット

※大会日程は、今後変更される場合があります。詳しい情報はスーパー耐久シリーズ公式サイトでご確認ください。
スーパー耐久シリーズ公式サイト

今シーズンのスーパー耐久には、2月16日に開催した日産モータースポーツファンイベントの際に発表した通り、ST-XクラスにNISSAN GT-R NISMO GT3が、ST-3クラスにフェアレディ Z NISMO RCが参戦します。

GT-Rは2台が年間エントリーしています。まずは、カーナンバー「9」を付けるMP Racing。昨年ST-Xクラスに参戦を開始し、シリーズランキング3位に輝きました。今シーズンは、ドライバーラインナップは変わらずに、マシンを最新モデルにスイッチ。昨年以上の成績を目指して戦います。

(2019年第3戦時の写真)

もう1台は、カーナンバー「300」のTAIROKU Racing。昨年はレギュラードライバーの山口大陸選手が体調不良で、チームとしてもシーズン途中から活動が休止となっていましたが、山口選手の体調も回復し、今シーズンはフル参戦が決定。そして、SUPER GTでエグゼクティブアドバイザーを務める本山哲さんを、プラチナドライバー枠である、Bドライバーとして全戦に起用することになりました。本山選手は、昨年のスーパー耐久第3戦富士24時間レース以来のドライブ。日産のエースドライバーとして長年活躍してきたその走りを、久しぶりに見られます。

(2019年第2戦時の写真)

ST-3クラスは、長年フェアレディ Zで参戦している岡部自動車から、今年も2台がエントリー。さらに、Max Racingが新たにフェアレディZを採用し、合わせて3台が参戦します。チームエントリーは違いますが、Max Racingのマシンメンテナンスは岡部自動車が行うことから、3台が団結して上位を目指します。

今シーズン、スーパー耐久シリーズには以上のように5台の日産車が参戦し、日産/ニスモは各チームに技術支援をしていきます。実質の開幕戦は4月下旬となり、少し時間は空いてしまいますが、スーパー耐久での日産勢への応援をよろしくお願いいたします。

>前の記事へ