NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

【Number】鈴木豊NISMOチーム監督にレースの舞台裏をインタビュー

2013.03.29 Fri

NISMOの新社屋を見学したり、レーシングマシンの
コックピットに乗ったり、知れば知るほど
モータースポーツの世界に夢中になった高橋みゆきさん。
今度は鈴木豊NISMOチーム監督に、レースの舞台裏を聞きました。
バレーボールもレースも同じチームスポーツ。
監督の重要性についてうかがおうと思ったのですが、
思わぬ共通点に、まずは二人ともびっくり。

鈴木(豊) じつは私も高校まではバレーボールをやっていたんですよ。
しかも山形県出身なので、同郷の人間として高橋さんのファンでした。

高橋(みゆき) え、本当ですか! ありがとうございます!
バレーボールの監督は、ゲーム中もいろいろ指示を出したりするんですが、
モータースポーツのチーム監督は、どんなことをするんですか。

鈴木 他の方のことはよく知りませんが、私の場合は、
あまり現場に行ってから細かく指示を出したりすることはありません。
チーム員の自主性を尊重し、信頼して任せてますから。
何か迷っているときに最終的に決断を下す、という感じです。

高橋 ちょっと聞きにくいんですが、監督として間違った
采配をしてレースの結果が変わってしまったことはありますか。

鈴木 あります。雨のレースでトップを走っていて、ピットイン後の
天候の変化を読み間違えて、交換したタイヤがコンディションと
まったく合わなくて、ゴボウ抜きされてしまったことがあります。
天気を読むのは難しいとはいえ、さんざんな1日にしてしまいました。

高橋 それは、責任重大ですね!

鈴木 ええ、最終的にどのタイヤでいくかを決めるのは
監督なので、チームにもドライバーにも迷惑をかけてしまいました。
そういう難しい選択をするのが監督の役目なんです。

高橋 鈴木監督は、元々は技術系出身と伺いました。
いろんな人間が集まっているチームを一つにまとめるのは
大変じゃないですか。

鈴木 正直なところ、今でも得意ではありません。
でも現場に出ると、ファンの方が応援してくれるのが
直に伝わってくるので、やって良かったなあとは思います。
設計室にこもっていたら、こんな気分は味わえませんでしたから。

高橋 GTは1台のクルマを2人のドライバーが走らせますが、
組み合わせは監督が考えるのですか?

鈴木 そうです。それぞれクルマに望むことは必ずしも一致は
しないので、お互いを活かし合える2人を組み合わせるようにします。
その意味では今年の柳田(真孝)選手とロニー(クインタレッリ)選手は、
2年連続GT500クラスのチャンピオンになっただけあって、
理想的なコンビネーションではないかと思います。

高橋 スタート担当はどうやって決めるんですか。

鈴木 チームによっていろいろですが、
うちは調子の良い方をスタートにする場合が多いですね。
去年は本山(哲)選手とミハエル(クルム)選手の組み合わせでしたが、
しょっちゅう順番が変わったのはそういうわけです。

高橋 ピット作業もかなり練習をするんですよね。

鈴木 専用の設備で、週何回かのペースで練習をしています。
メカニックはそれ以外に筋力トレーニングもします。
タイヤは1本20kgくらいありますから、それを4秒かからない程度の
短い時間で交換するには筋力も必要です。またインストラクターをつけて
メンタル面のケアもしています。そういう意味では、普通のスポーツと
同じようなことをやっているんですよ。緊張しすぎて
同じ作業なのにコンマ何秒か遅れたりしますから。

高橋 バレーボールは試合中何回もボールが飛んできますけど、
レースのピットストップは1回きり。クルーの方も緊張するでしょうね。

鈴木 今年は2年連続チャンピオンコンビをチームに迎えた形ですから、
私としても非常にプレッシャーを感じます。日産3連覇を実現できるよう、
これまで以上の努力をしないといけないなと思っています。

高橋 もうすぐ開幕です。日産チームを応援しますね!

鈴木 高橋さん、今年もぜひサーキットに来てレースを見てください。

高橋 もちろん行きます! 楽しみにしています。

チーム監督の責任の重さやピットクルーのチームワークの大切さなど、
チーム全員で勝利に向かう姿に、ますますモータースポーツが
好きになった高橋さん。
期待が高まるSUPER GT 2013シリーズは、4月6、7日、
岡山国際サーキットで開幕第1戦を迎えます。
一段とパワーアップした日産チームにご期待ください。

文・大串信
写真・細田忠

————————————————————————————-
▼ただいま、アンケート実施中▼
アンケート回答者にはオリジナル壁紙をプレゼント!
————————————————————————————-

▼Numberタイアップ記事 バックナンバーはこちら
——————————————————————————-
vol.5 高橋みゆきさんが本山哲選手に直撃インタビュー!
vol.4 高橋みゆきさん レーシングカー試乗体験!
vol.3 高橋みゆきさんNISMO新社屋を直撃取材!
vol.2 柳田選手&高橋みゆきさんスペシャル対談 第2弾
vol.1 柳田選手&高橋みゆきさんスペシャル対談 第1弾
——————————————————————————-