NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

ドライバーの休日~柳田選手/ロニー選手、横浜F・マリノス戦観戦~ 後篇

2013.08.16 Fri

前回に引き続き今回も、柳田選手とロニー選手が7/31に観戦した
横浜F・マリノスvs柏レイソル戦の様子をレポート。


試合前にピッチサイドでマリノス選手の
練習風景を見た2人は、あるものを発見しました。
それは何だと思いますか?

正解は、選手や監督が座るベンチです。
じつは、NISSAN GT-Rのシートが使われているんです!
ちょっとしたトリビアですよね。

こちらは、横浜F・マリノス選手とハイタッチする柳田選手。
どちらかというと野球派の柳田選手ですが、
Jリーグでは横浜F・マリノスを応援しているので、
非常に喜んでいました。

試合は、どちらのチームも譲らず0-0の試合が続く中、
前半31分、柳田選手./ロニー選手が注目している斉藤選手が
パスを出し、マルキーニョス選手がそれをシュート。
ボールはクロスバーにあたりましたが、
すかさずリバウンドを拾って横浜F・マリノスの先制点!
2人ともサポーターと一緒に大喜び!

しかし、後半に惜しくも横浜F・マリノスのオウンゴールという形で
同点になり、試合は1-1の引き分けで終了しました。

試合後、2人にはインタビューに答えてもらいました。

<質問>
実際に生で試合を見て、サッカーとレース、 共通するところはありますか?
また、ここはレースと 違って大変そうだと感じたところはありますか?

◆柳田選手
「実際に生で見ると、非常に迫力があるところがレースと似てて、
選手のスピードにびっくりしました。レースと違って、
自分の足で走るのが大変そうだなぁって思いました。(笑)」

◆ロニー選手
「スタンドから届くサポーターの応援やファンの声援が、
あったかいところが似てる!」

<質問>
印象に残ったプレーや、観戦した感想は?

◆柳田選手
「選手・ファンが一緒になって戦っているところが素晴らしい!
これからもファンの皆さまの応援に感謝し、
レースを最後まで諦めずに走り切る。」

◆ロニー選手
「惜しくも入らなかったが、アディショナルタイムの横浜F・マリノスの
藤田選手が放ったシュートが印象に残っている。試合に勝つため、
横浜F・マリノスのアディショナルタイムの猛攻が凄かった。
レースも同じようにドライバーが攻め続けなければ、
どんな目標や結果も達成することは出来ない。」

ドライバーにとって、同じスポーツ選手が
最後まで諦めず健闘する様子は良い刺激となったようですね。

今回の試合で感じた想いを胸に、
SUPER GT第5戦@鈴鹿も全力を尽くして走ります。
皆さま、応援よろしくお願いいたします。

⇒ドライバーの休日~柳田選手/ロニー選手、横浜F・マリノス戦観戦~
前篇はこちら

< 前の記事へ | 次の記事へ >