NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

SUPER GT第5戦@鈴鹿 ~鈴鹿では色々なことがありました~

2013.09.03 Tue

8月17日(土)、18日(日)に開催されたSUPER GT第5戦@鈴鹿。
今回はそのサーキット会場で行われていたイベントをご紹介します。

まずはおなじみの監督やドライバーが登場するトークショー。
今回の鈴鹿戦では、レーススケジュールの都合上、
予選日に日産/ニスモブースで
柿元総監督と柳田選手のトークショーを行いました。


柿元総監督が出演するトークショーは、毎回予選でのチームの戦況や
決勝レースでの日産陣営の作戦、他チームの動向の読みなどが、
解説付きで聞ける貴重な機会となっています。
また、今回は23号車が予選でポールポジションを獲得した
嬉しいニュースもあり、柿元総監督と柳田選手は終始
上機嫌でお客さまの質問にも答えていました。

そして、トークショー中にサプライズで、誕生日祝いのケーキが登場!

予選日の17日が誕生日なのはいったい誰でしょうか?

正解は・・・

柿元総監督でした。
お祝いのケーキには23号車にちなんで『祝23才』の文字が。
トークショーに参加してくださったお客さまから
「Happy Birthday to you~♪」と歌っていただき、
ケーキを受け取った柿元総監督は、写真からもわかる通り、
満面の笑みでした。

そして、鈴鹿ならではと言えば、長いレースの後にある花火!

SUPER GT全8戦の中でもっとも長い1,000kmを走り切る鈴鹿戦。
決勝レースが終わるころには空はすっかり暗くなっています。
夏の風物詩とレースを同時に味わえるのも鈴鹿戦の魅力です。

ちなみに、鈴鹿戦では、
決勝日にGT500クラス2014年車両のデモ走行を行いました!
SUPER GT GT500クラスは、2014年から
ドイツツーリングカー選手権(DTM)と基本的な車両規則が
統一されることになり(エンジン関連規則を除く)、
来シーズンはこの新しい車両規則に基づき開発された
新型車両による新たな戦いが展開されます。

こちらが発表された14年型Nissan GT-R Nismo GT500です。
まだカーボン素材の色がわかるボディに
日産/ニスモのロゴがペイントされた車両でのお披露目となりました。
2014年車両のエンジンは、2.0L直4直噴ターボエンジンになることから、
新しい時代の幕開けを予感させる、
現役車両とは異なったエンジンサウンドを奏でていました!

走行シーンが収録された動画はこちら

また、12月1日(日)に富士スピードウェイで
開催されるファン感謝イベント「NISMO FESTIVAL」で
展示及びデモ走行を予定しています。
「NISMO FESTIVAL」のイベント詳細は、決まり次第、
ニスモホームページ、またはモータースポーツブログにアップされます。

< 前の記事へ | 次の記事へ >