NISSAN MOTORSPORTS Blog 毎週更新!最新ニュースをお届けします
RSSのご利用について

Bookmark & Share

このブログをブックマークする

このブログをツイートする

twitter

twitter

2012年10月27日(土)、28日(日)もてぎにて
2012 SUPER GTシリーズ最終戦、
もてぎGT250kmレースが開催されます。


早くも年間総合優勝を決め、大会2連覇を果たした
#1 S Road REITO MOLA GT-Rほか、
計4台のGT500各マシンがそれぞれの思いをこめて、
最終戦での有終の美を目指します。
またGT300 #3 S Road NDDP GT-Rも好調をキープ。
前回、不運なマシントラブルで残念な結果に終わった悔しさを
晴らしにいきます。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします!
(イベント情報は「続きを読む」から)

今回は#23 MOTUL AUTECH GT-Rを支える縁の下の力持ち的存在、NISMOチーフメカニックの長南さんに、激しいレースに隠れるもうひとつの戦いについて聞きました。


チーフメカニック、
それもチーム日産を牽引する#23 GT-Rを支える男。
どんな強者が現れるのだろう・・・。
僕のイメージは武骨でガタイの大きな、そう、ほとんど高倉健に
集約されていった。


「どうも、こんにちは」
部屋に入ってきたそのひとは、華奢で繊細なたたずまい。
顔は細面で柔和な笑顔を浮かべている。え?このひとが・・・。


(インタビュー記事は「続きを読む」から)

お待たせいたしました!

モータースポーツジャパン2012、日産ブースのイベントスケジュールを発表します!





皆さまのご来場をお待ちしています!

————-

⇒日産ブース出演ドライバー、開催イベント情報はこちら

⇒日産出展車両情報はこちら

⇒モータースポーツジャパンホームページはこちら
___├─会場マップはこちら(PDFファイル)
___└─走行エリアタイムスケジュールはこちら(PDFファイル)

モータースポーツジャパン2012、日産の展示車をご紹介します。

日産ブースでは今年度のSUPER GT、GT300クラスに参戦している#3 S Road NDDP GT-Rを特別展示!



他にも沢山のクルマをご用意して皆さまのご来場をお待ちしております!

ついに今週末に迫ったモータースポーツジャパン。
日産は今年もブースを出展いたします!





日産ブースでは、沢山のレーシングカーを展示するほか、モータースポーツの魅力を気軽に体験できるイベントを沢山ご用意し、皆さまのご来場をお待ちしています。

また、SUPER GTで活躍するレーシングドライバーが日産ブースの様々なイベントに出演します。

レーシングドライバーと間近で触れ合えるまたとないチャンスです!

本日は、そんな日産ブースの出演ドライバーと開催イベント(一部)をご紹介いたします!

今月より、新コラム『チーム日産~モータースポーツにかける者たち』シリーズが始まります。

日産のモータースポーツを支えるさまざまなひとにインタビューを敢行。

第1回目はつねにトップを走り続けるレーシングドライバー・・・過酷な環境のもと、気力と体力を賭けて、1トンものマシンを300キロ近いスピードで操る。つねに危険と隣り合わせのアスリートであるトップレーサー本山哲さんの真髄に迫ります。
本山さんインタビュー写真
(インタビュー記事は「続きを読む」から!)

2012 SUPER GTの第7戦、SUPER GT in KYUSHU 300kmが、9月29日・30日の両日、大分県にあるオートポリスで開催されます。

オートポリス

GT500クラスに出場する日産陣営は全部で4台。第5戦の鈴鹿では#1 S Road REITO MOLA GT-Rが、前回の富士では#12 カルソニック IMPUL GT-Rが、それぞれ今季初優勝を飾っており、今回のオートポリスにはGT-R勢による3連勝が期待されています。

また、GT500クラスと同様に熱戦が繰り広げられてきたGT300クラスでもNDDP RACINGの#3 S Road NDDP GT-Rを駆る千代勝正がランキング2位につけ奮闘しています。

最終戦のひとつ前のセミファイナル戦、チャンピオン争いを左右する大一番となっております。

ぜひ、日産GT-Rへの熱い応援をよろしくお願いいたします!

⇒レース情報の詳細はこちら

(イベント情報等は「続きを読む」から)

日本のモータースポーツを「見て」「聞いて」「体感」できる日本最大級のイベント、モータースポーツジャパンが、今年も10月20日(土)、21日(日)の2日間、お台場にて入場料無料で開催されます。

モータースポーツを通して、クルマの未来・クルマの魅力を感じられるイベントとなっております。都心からのアクセスも簡単なお台場で、ふだん触れる機会の少ないモータースポーツをお楽しみいただける絶好のチャンス。入場料は無料となっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。


◎国内トップドライバー、新旧モータースポーツ車両が集結!

走行エリアでは、MSJ初のジムカーナ競技?!を開催、プロの華麗な走りをご覧いただけます。
また、国内GTチーム対抗「ピットストップコンテスト」ドライバー対抗「カートレース」なども開催予定です。
※天候その他の理由でご案内のプログラムが変更・中止となる場合がございます。


◎ドライバー・アピアランスをPremium Paddockで実施!

「走行エリア」に隣接する「Premium Paddock」内で走行企画前後に参加ドライバー達が身近に行うトークなどを実施。
※ご覧いただくには「Premium Paddock」(有料)入場が必要です。


今後もNISSAN MORTOR SPORTS Blogで随時情報を更新いたします。
ぜひご期待ください。

⇒モータースポーツジャパン ホームページはこちら

日産ワークスカラーのエルグランドを作りました!



フロントビューはこちら↓



リアビューはこんな感じに仕上がっています↓




完成したてのこのクルマ、早速富士スピードウェイに持ってきています。

各メーカーのブースや飲食ブースが集まる「イベント広場」内のニスモブースの近くに駐車していることもありますので、運が良ければ見れるかもしれません!



ちなみに、ベースになっているのは、日産のファクトリーカスタムブランド「AUTECH」のカスタムカー、「エルグランド ライダー ハイパフォーマンススペック ブラックライン」。



ですが、フロントマスクはより23号車に近づけるために特別に「エルグランド アーバンクロム」仕様にしています。

しかも、ホイールは23号車もお世話になっているRAYSさんのものを使用!リアルに仕上がっています。



本日昼には、本山選手とクルム選手にお披露目し、写真を撮影します。

写真ができたらアップしますので、お楽しみに!



今後、様々な機会で展示していく予定です。

展示情報は随時本ブログで公開していきますので、ぜひチェックしてください!

SUPER GT 2012シリーズの後半戦の幕開けとなる第5戦が、8月18日(土)、19日(日)という日程で三重県の鈴鹿サーキットにて開催されました。




GT500クラスは、ポールポジションからスタートした昨年度の覇者#1 S Road REITO MOLA GT-R (柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が今期初優勝!伝統の鈴鹿戦を制しました。


また、他のGT-Rも3位、4位、5位と全車が上位に入賞。完走車両が全15台中11台のみという厳しいレースで大いに活躍しました。

3位に入賞したのは、昨年は4位が最高位だった#24 D’station ADVAN GT-R (安田裕信/ビヨン・ビルドハイム)。11番手スタートから8つも順位を上げ、チームに久々の表彰台をもたらしました。

一時は4台でトップ4を独占していたGT-R。終盤にコース上で起こった事故が引き金となり惜しくも独占は叶いませんでしたが、トップ5に4台が入賞するという結果となり、GT-Rの強さ、そして日産系チームの総合力の高さを改めて見せることができました!



一方、GT300クラスは、前回のSUGO戦で初優勝を遂げた#3 S Road NDDP GT-R (関口雄飛/千代勝正/佐々木大樹)が2番手からスタート。

ドライバーとチームが一丸となってマシンやタイヤをいたわりながら高順位を狙うという作戦で、気温約30度、路面温度約50度の中で約6時間走り抜くという過酷なレースに挑戦しました。

2連勝を狙える位置に付けていたレース終盤に、アグレッシブさに定評のある関口が「黄旗追い越し」の反則で10秒間ピットストップのペナルティを受けるも、最終的には2位でフィニッシュ!2戦連続の表彰台を獲得しました。




ポイントランキングは、今回の結果を受け、GT500クラスでは#1 GT-Rがドライバー/チームともにトップと僅差の2位となりました。

そして、GT300クラスでは、#3 GT-Rがチームランキングでトップに浮上!ドライバーランキングでも2位の好位置に付け、両クラスでチャンピオン獲得のチャンスが高まってきました。



次戦となる第6戦は9月8日(土)、9日(日)という日程で静岡県の富士スピードウェイにて開催されます。

チャンピオン獲得に向け巻き返しを図る日産系チームへの引き続きの応援をよろしくお願いいたします!



⇒日産系チームダイジェストムービーはこちら

⇒日産系チームフォトレポートはこちら